芦田愛菜&シャーロット、涙の演技バトルを披露

芦田愛菜シャーロット・ケイト・フォックスがダブル主演のドラマ『OUR HOUSE』(フジテレビ系)。5月29日(日)21時から放送(バレーボール放送のため、放送時間が変更になる場合あり)の第7話で、犬猿の仲を演じている2人が、ある目的のために旅に出る。

このドラマは、主人公・伴桜子(芦田)の住む家に、突如、新しい母親としてやってきたアメリカ人女性のアリス・シェパード(シャーロット・ケイト・フォックス)が繰り広げるハートフルホームコメディ。

これまで、桜子はアリスを追い出すために家族を巻き込んで様々なバトルを展開してきた。しかし、第5話で一番下の妹・桃子(松田芹香)の“人を噛む癖”が問題になり、アリスが積極的に桃子と向き合ったことで解決。それを見た桜子はアリスを認め始める。そして、第6話では、桜子と不登校だったクラスメイト・須磨省吾(濱田龍臣)の初々しい初恋の様子が描かれ話題となった。

第7話では、桜子が父・奏太(山本耕史)に頼まれ、日本にいるはずのアリスの父親を捜すことになる。実は昔、アリスは両親とともに日本に住んでいたのだが、両親が離婚。アリスと母親はアメリカに戻り、父親は日本に残ったという。桜子は「自分はそんなに暇ではない」と嫌がるが、2人が再会して一緒に暮らすことになれば、この家を出ていくに違いないと思い直し、捜索を承諾したのだ。アリスと桜子を仲良くさせるために考えられた奏太の思惑にまんまとハマった桜子は、アリスと「父を訪ねて三千里」の旅を始めることになる。

目的地を目指して走るバスのなかで、桜子はアリスから父親や家族のことを聞く。幼いアリスがアメリカに戻った後、母親が再婚。その後、妹が生まれ、両親は妹の方をかわいがったため、居場所がなくなってしまったという。初めて知るアリスのつらい過去に、桜子も心が揺れる。

果たして、桜子とアリスは、奏太の思惑通り仲良くなることはできるのか? 公式サイトのPR映像でも片鱗を見せている2人の感動を誘う演技バトルにも注目だ。