松下奈緒×貫地谷しほり×佐藤仁美、吹っ切れた“恋”と“酔い”

俳優の成宮寛貴が、26日放送のフジテレビ系ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』(毎週木曜22:00)第6話に出演。貫地谷しほりが演じる久我山ミカとの恋模様が描かれていく。

本作は、34歳独身の小学1年生の担任教師・早子(松下)が、結婚に向かって動きはじめた姿を描いたヒューマンドラマ。早子の同僚教師の久我山(貫地谷)、成増梅子(佐藤仁美)、千駄木廉太郎(八嶋智人)、ミカの友人でOLの羽村舞(舞羽美海)らと「婚活同盟」を結成し、“自分が本当に好きな人”を見つけるべく奔走していく。

成宮が演じるのは、千駄木の後輩がセッティングした合コンにやってきた、食品メーカーの営業マンをしている心優しい男・岡山藤吾。第5話から登場し、その優しさや立ち振る舞いで、早子、ミカ、梅子の心を掴んでいた。

第6話では、それから数日後の様子が描かれる。立木家では、父・辰志(尾藤イサオ)が所用で出かけたため、母・尚子(松坂慶子)のたっての希望で女子会を行うことに。しかし、早子は何を考えたのか、ミカや梅子、莉々(小芝風花)のほか、何故か千駄木や本郷(山内圭哉)ら男性陣にも声をかけていた。酔っ払った莉々は、早子たち婚活同盟のメンバーに、友情を育んでいないで愛情を育め、と説教を始める。

千駄木や莉々たちが帰った後、改めて飲み直した早子、ミカ、梅子は、莉々の言葉を受けて、お互いにこれ以上深入りしないようにしよう、と誓い合う。「退屈な時間をともに過ごせる仲間がいると大概のことは満たされてしまって危険だ」というのだ。ミカは、さっそくスマホを取り出し、岡山にメッセージを送った。負けじと梅子も岡山にメッセージを送ろうとするが、何を書けばいいのかわからない。それからも飲み続け、すっかり酔ってしまう早子たち。

そんな中、梅子は、ミカと一緒に参加した合コンの中で、岡山は初めて連絡先を交換した本気の相手であることを察知。「自分は引くから頑張れ」と言ってミカを励ます。翌日、ミカは岡山に対して積極的に行動に出るのだが……。

吹っ切れた酔っ払い姿を見せる女優たちの姿や、一気に動き出したミカの恋模様に注目の第6話となる。