木村佳乃「心は癒えず」川柳で“ヤバイ妻”を表現

伊藤英明が妻に翻弄される夫・望月幸平を演じ、木村佳乃が美しくも恐ろしい妻・望月真理亜を好演し話題となっているドラマ『僕のヤバイ妻』(関西テレビ・フジテレビ系、毎週火曜22:00)。5月24日放送第6話の冒頭で、木村のアイデアによって実現した、“ヤバイ妻”を体現するエピソードが公開される。

第5話で、姪っ子の楓(木内心結)を使って再び誘拐事件を起こした真理亜に幸平はついに愛想を尽かし、離婚届を差し出す。取り乱す真理亜をよそに、幸平はスタンガンを使って真理亜を気絶させ、2億円を奪って不倫相手の杏南(相武紗季)のもとへ向かうのだった……。

そして第6話の冒頭。夜中になり気絶させられた真理亜がソファで目が覚ますと、毛布が一枚かけられていた。真理亜は幸平が最後に自分を気遣って毛布をかけてくれたことに気が付くが、今まで一緒に歩んできた生活は“毛布一枚分の愛情か……”と苦笑いを浮かべる、というシーンになるはずだった。

しかし、台本を読んだ木村は、プロデューサーに“これって川柳にしたらどうでしょう?”と提案。最初はその案に驚いたスタッフも、よくよく読んでみると、真理亜のセリフが5、7、5になっているかのようにも見え、真理亜が常軌を逸しているヤバイ感じが出ていて“なるほど、面白い!”という事になり、早速脚本の黒岩氏に相談。結果、木村のアイデアは採用され、“スタンガン、お詫びの毛布に、心は癒えず”という川柳を使用したセリフが生まれた。

自ら“ホラー好き”と公言する木村のアイデアによって表現される真理亜のヤバさは必見。さらに、キムラ緑子が演じる有希、高橋一生が演じる和樹の鯨井夫婦の謎の行動にも注目だ。