「死後の世界」はあるのか?モーガン・フリーマンがナビゲート

公開:

5月20日(金)22時からEテレで『モーガン・フリーマン 時空を超えて』が放送される。同番組は、ハリウッド俳優のモーガン・フリーマンがエグゼクティブ・プロデューサーと案内役を務める、大人の知的エンターテインメント。今回は、選「死後の世界はあるのか?」をと題して、研究者らの見解を紹介する。

人間は死んだらどうなるのか?この世から消え去るのか? あるいは、何らかの形で生き永らえるのだろうか? 尽きることのない「死後の世界はあるのか?」という究極の謎に、生物学・物理学・哲学などの科学者たちが、その解明にせまる。

7日間生死をさまよったことがある科学者は、その時にみた夢を分析。それはまるで「ミミズの目線で世界を見ているようだった」という。この臨死体験は、何を意味するのだろうか? また、意識は脳から生まれるのか、あるいは脳が死んでも、何らかの形で存在し続けるのか? ほかにも、魂は宇宙とつながる量子コンピュータだという説を紹介。魂は死とともに宇宙全体に広がっていくのだろうか?(2015年3月初回放送)

PICK UP