嵐の相葉雅紀、野獣の「吸いつくような足技」を体験

相葉雅紀が、旬のアスリートの真の魅力に グッと迫っていくスポーツ番組『グッと!スポーツ』(NHK総合、毎週火曜22:25)。同番組は、アスリート本人やその魅力を熱く語れるゲストをスタジオに迎え、「驚異の技」や「強い心」「意外な素顔」などアスリートの“真の魅力”にグッと迫るスポーツエンターテインメント。

5月17日は、ロンドン五輪で日本柔道唯一の金メダルに輝き、リオデジャネイロ五輪で女子57kg級の連覇をめざす松本薫28歳が登場する。猛々しい表情と超攻撃的な戦い方からついた異名が「野獣」。原点を探りに故郷を訪れると、度を越した闘争心を物語る仰天のエピソードが次々ととびだす。そんな松本柔道の生命線となる技は、驚異の切れ味をもつ「小外刈り」。MC相葉がスタジオで柔道着をまとって松本の小外刈りを体験。「タコの吸盤」と恐れられる究極の技の秘密に迫る。

松本のもう一つの“武器”は、突拍子のない思考回路。「めざす柔道は超人アニメの動き」「練習中に麦茶の妖精を目撃した」などと大マジメに語る彼女は、いったいどんな人物なのか? 聞けば聞くほど謎が深まる金メダリストの頭の中をのぞく。そんな彼女だが、ロンドン五輪後には大きな挫折を経験する。原因は、金メダリストだけが付けることを許さる金文字のゼッケン。なぜ深い苦悩に陥ったのか? そしてその結果、手に入れることができた「新たな技」とは? 五輪女王の驚異のスゴ技と奇想天外な素顔に、マスター相葉がグッと迫る!