綾瀬はるか&水原希子ら“妄想”で全員全裸に

綾瀬はるか斎藤工水原希子間宮祥太朗ら、映画『高台家の人々』(6月4日土曜公開)の出演者が10日、東京・港区の六本木ヒルズアリーナで行われたレセプションパーティに出席。セクシーな黒いドレスを纏った綾瀬と、シックなスーツに身を包んだ斎藤らキャスト陣が、ドレスアップした800名の観客が待つレッドカーペットに登場。妄想トークを繰り広げた。

本作は、「ごくせん」や「デカワンコ」で知られる森本梢子の同名人気コミックが原作。妄想が大好きな地味で冴えないOL・平野木絵(綾瀬はるか)と、人の心が読める“テレパス”の能力を持つ名家のイケメンエリート・高台光正(斎藤工)が繰り広げる摩訶不思議・爆笑必至のラブコメディ。監督・土方政人×脚本・金子ありさのタッグによって実写化される。

特別仕様のリムジンに乗って、レッドカーペットにやってきたキャスト陣。集まったファンと握手を交わし、サインに応じるなどして触れあった。その後に行われた「完成報告トークショー」では、“妄想”がキーワードの作品ということで、「普段どのような妄想をするか?」という話題に。すると綾瀬は「最近は独りでマンションに住んでいるのですが、柴犬を飼ったらどうなるのかな? フローリングの廊下なので滑っちゃうかも? と想像しています」とリアルな妄想を告白。そんな中、斎藤は「せっかく皆さんドレスアップして来てくださったのですが、目の前の人たち全員が全裸になっている妄想をしています。カメラマンの方や関係者も全員です(笑)」と共演陣も驚きの妄想を明かし、会場の笑いを誘った。

そのほか、光正の妹・茂子役を演じる水原希子は「ミュージックビデオに出たいという願望があって、音楽を聴きながらMVに出ている妄想をほぼ毎日しています」と語り、「お風呂に入りながらでもお料理しながらでもできるので、みなさんも是非やってみて」と妄想をアピール。弟・和正役を演じる間宮は、「田舎に住んで田植えをしているところですね。朝起きて、窓の外を見たら雪が降ってるな……とか、四季折々の姿を想像することがあります」と渋い妄想を披露し、「そういう憧れがあるんですよ」と告白していた。