菅田将暉、偶然会った一般人と友達に「BLとはちょっと違う」関係性を分析

漫画家・久保ミツロウ、エッセイスト・能町みね子、音楽プロデューサー・ヒャダインの"こじらせ系"クリエーター3人が、毒舌&妄想&本音トークを繰り広げる一風変わった文化的おしゃべりバラエティ番組『久保みねヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ系列、毎週土曜深夜)。5月7日の放送では、人気の若手俳優・菅田将暉に関して、独自の視点でトークを展開させた。

出演者の近況を報告する「久保みねヒャダ近況まとめ」で、久保による「情熱大陸の菅田くんのあれだな……自分のこと好きな男を周りに置けるタイプてすごいな」というツイートを紹介。菅田が出演した『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット)を見た久保が、そこで明らかになった菅田の友人たちとの関係性について、ある思いを語った。

『情熱大陸』では、もともと服飾に興味のあった菅田が若い男性のデザイナーと飲み屋で知り合い意気投合。一緒に服を作るための部屋を借りていることが明らかにされた。その一連の流れに対し、久保は、「そんなの憧れるじゃん、脳内小説みたいなもんじゃん。どうやったら偶然、菅田将暉と知り合えるんだろう。飲み屋で偶然会って、向こうも偶然自分の仕事に興味持ってくれて、一緒に服を作ろうって部屋まで借りてるとかさ」と、俳優と一般人が図らずも出会い友人になるという、まるで物語のような展開にとても強い憧れを抱いたという。

これには、能町とヒャダインも、「は~」「アメリカンドリーム過ぎますよね」と同意。さらに久保は、そのデザイナーの男性が語った菅田とのエピソードに注目。「今から来れませんか」と急に菅田に呼び出されたが、車で向かっている途中に「やっぱり朝早いので今日は無しで」と言われた、という出来事を嬉しそうに話す男性を目の当たりにした久保は、「でも全然怒ってないの。そんな気分屋に振り回される俺って……みたいなのをニコニコとしながらみんな語るの」と、菅田とその友人たちとの関係性に言及した。さらに、「これはBL(ボーイズラブ)脳としてときめくのとは、ちょっと違って。これが男女だったら、もっと早い段階で“私のことどう思ってるの?”“付き合うの?付き合わないの?”って駆け引きになるのに、男同士で友達だからって、みんなすごいズブズブになってるわけなのよね」と解説。

また、久保は、「菅田くんのことを好きなんだなっていう人を(菅田くんは)自分の周りに置けるんだよ。そしてすぐ平気で呼び出せるんだよ?」と、物怖じせず、一度友人になったからには遠慮もしない、菅田将暉ならではの友人との付き合い方に脱帽した様子。ヒャダインも、同じことができるかという久保の問いかけに、「無理ですね。100%無理です。菅田将暉さんってすごいカッコイイですよね、そこら辺が」と褒め称えた。また、久保も「すごくどんどん色気が出てきたというか」と思いを語ると、「それで嫌な感じにも見えない」と、能町が続いた。

そして、久保は、「もし(自分が)男でそんな出会い方したら、超メロメロになるなって思って。“俺さ~菅田将暉に呼び出されたけど、あいつ酷くってさ~”って話とかしたいじゃん!」と妄想を爆発。また、「菅田くん自体は拒否する感じがなくって、踏み込もうと思ったらいくらでも踏み込める危うさを持ってしまうタイプなのかなって」と、分析した。

ヒャダインも「一般の方と仲良くなって“俺すごいでしょ”的なてらいもなかったのがまた良かったんですよ」と、菅田のナチュラルな部分に惹かれたようで、「憧れますね、絶対仲良くなれないけど、憧れちゃう」と、羨望の眼差しを向けた。このヒャダインの「仲良くなれないけど」の部分は、久保と能町の2人にも刺さったようで、「そうそう、そこもある」「私も仲良くなれないけど……」と苦笑するしかない2人。自分たちとは相容れないことが分かっていながらも、俳優・菅田将暉の今後の活躍を祈るのだった。

番組では、この他に、レトルトカレーパスタの予想を下回る味についてや、決まったシチュエーションで必ず脳内再生される曲を紹介する「脳内BGM」のコーナーなどで盛り上がった。

PICK UP