芦田愛菜、加藤清史郎との共同作業に笑顔「二人で息を合わせるのは初めて」

公開: 更新:

フジテレビ系で放送中のドラマ『OUR HOUSE』(毎週日曜21:00)に出演中の芦田愛菜加藤清史郎寺田心松田芹香が5日、東京・台場のフジテレビ本社で行われた「こどもの日イベント」に出席。オリジナルの“かしわ餅”作りに挑戦した。

通常、かしわ餅は、上新粉と餅粉から作られることが多いが、この日のイベントでは、臼と杵を使って餅米から作ることに。芦田と加藤、寺田と松田がそれぞれコンビを組んで、左右から一緒に餅をついた。餅つきを終えた芦田は、「一人でついたことはありましたが、二人で息を合わせるのは初めてで楽しかったです」と感想を述べ、寺田と松田も「楽しかったです」とそれぞれ笑顔を見せた。

そして、かしわ餅ができあがり試食をすると、芦田は「(いつも食べるかしわ餅は)冷たいけど、今日のは温かい」、寺田も「僕たちみんなでついたから美味しいです」とコメント。そんな中、加藤は「モッチモチで美味しいです」と語り、更に美味しさを表現しようとするのだが、「つきたてなのでモチモチです」「本当にモチモチです」と “モチモチ”を連発してしまい、照れ笑いを見せていた。

また、5月8日放送の第4話の話題になると、司会が「桜子の長台詞がありますよね」と紹介。芦田が「2ページくらいあったので覚えるのが大変でした」と振り返ると、加藤は「本当に凄いんですよ。台詞が体にしみこんでいて、噛んだりとかすることが全然ないんです。愛菜ちゃんが長台詞をしっかりやっているのに、僕が台無しにしたらヤバいなと本番前は緊張します」と感服した。最後に芦田は、「今までたくさん味方になってくれた丈治(塚本高史)と息子さんが中心の回で、親子の絆が描かれています。たくさんの方に観ていただけるように頑張っていますので、よろしくお願いします」とドラマをアピールした。

PICK UP