石原良純『よ~いドン!』ロケの苛酷さを知り「スタジオが良い」と本音をポロリ

カンテレの朝の生活情報番組『よ~いドン!』(毎週月~金曜9:50~)が、5月9日(月)に放送2000回を迎えることを記念して、5月3日(火)19時より番組初のゴールデンでの生放送『よ~いドン!THEゴールデン 放送2000回直前SP!』の放送が決定。26日、大阪のカンテレ本社で会見が開かれ、スペシャルに出演するレギュラーパーソナリティーの円広志、火曜日レギュラーパネラーのたむらけんじ、石原良純、進行役の高橋真理恵カンテレアナウンサーが出席した。

スタート当初から出演している円は「僕が55歳のときに始まって、気づけばもう62歳。2000回とはいいますが、あっという間でした」と感慨深げ。自らリポーターを務める「人間国宝さん」は特に思い入れが深いようで「近畿の各駅を拠点に街ブラをするんですが、駅ってこんなにあったん?とビックリするぐらいたくさんある。行っても行っても尽きないので、終わりがない。そこが僕にはおもしろいし、テレビを見ているみなさんも楽しんでくださっていると思います」とその魅力を語った。

2013年6月から出演し、火曜日のコーナー「いきなり!日帰りツアー」を担当するたむらは「僕が一番の新参者ですが、すごくいいコーナーを与えていただいた」と語り、たむらが街行くおばさまに突然声をかけ、そのままいきなり旅行に出かけるガチンコ企画は今や関西マダムたちに浸透。たむらは「ロケじゃないときも街でおばさまに会うと、『旅行連れてって!』と言われるようになりました」と裏話を明かした。一方、火曜日のスタジオトークを盛り上げている石原は「毎週、生放送が終わると“あれ、もう終わっちゃうの?”“もっと見せて!”という感じ。僕が一番“視聴者目線”だと思います(笑)」と番組を楽しんでいる様子をうかがわせた。

5月3日の生放送では、石原とたむらが、スペシャルバージョンの「いきなり!日帰りツアーSP」で、コーナー初の海外“韓国・ソウル”一泊二日旅を目指し、早朝の大阪城公園でおばさま探しを決行。たむらは「良純さんはよく僕のロケに文句を言うんですよ。“なんだよコレ!”って(笑)。なので、僕の大変さを味わってもらうために、一番大変なロケに来てもらいました」と参戦理由を語り、「大変なことがいっぱいでした!」とハプニング続出の珍道中だったことを告白。すると石原は「やっぱり僕は…スタジオがいい(笑)」と漏らし、円は「外回りの厳しさがわかったか!」とツッコミながらも大笑いしていた。

そのほか、円の名物ロケもパワーアップし、「となりの人間国宝さんSP」として登場。いつもは1人で街をぶらり歩きしている円が、今回はブラックマヨネーズの小杉竜一も同行。2人で大阪・心斎橋を歩きながら、行く先々で出会った関西の魅力溢れる人々を紹介していく。円は「小杉くんがおもしろいことを全部言うてくれるので、めちゃめちゃ楽でした(笑)すごくやりやすかったです」と収録を振り返った。

PICK UP