新生リューク、10年後のミサミサも登場『デスノートLNW』特報映像が解禁

人気コミックを実写化して大ヒットした映画『デスノート』(2006年)の10年後を描く続編『デスノート Light up the NEW world』(2016年10月29日公開)。この度、30秒の特報映像が解禁された。

2006年に公開された映画『デスノート』では、名前を書き込むことで人を殺すことができるノートを使用し、犯罪者のいない新世界を造り、神になろうとした青年・夜神月(藤原竜也)、通称“キラ”と、彼を捕まえようとする世界一の探偵・L(松山ケンイチ)との熾烈な心理戦・頭脳戦が描かれた。それから10年後に舞台を移し、正統な続編として紡がれる本作には、“デスノートを追う男・三島創(東出昌大)”、“デスノートを封じる男・竜崎(池松壮亮)”、“デスノートを制する男・紫苑優輝(菅田将暉)”という3人のキーパーソンが登場。“人間界で同時に存在していいノートは6冊まで”という「6冊ルール」のもと、デスノートを巡って三つ巴の戦いを繰り広げる。

今回解禁された特報映像は、画面全体から不穏な空気を醸し出し、所有者と思しき人物たちが新たなデスノートに手を掛ける映像からスタート。続けて、デスノート対策本部の若きエース捜査官・三島、Lの後継者で世界的探偵・竜崎、キラ信奉者でサイバーテロリスト・紫苑の、三者三様の表情が映し出されている。さらに、10年の時を経て復活した弥海砂(戸田恵梨香)。また、大都会を見下ろすビルの屋上でフードを目深にかぶった青井さくら(川栄李奈)が「キラより面白いもの、見せてあげる」と不敵な笑みを浮かべ、大群衆を恐怖に陥れる姿も。史上最悪の所有者と言える青井の狂気は、新たな世界に落とされたデスノートがもたらす新世界の幕開けを知らせるかのよう。そして、逃げ惑う群衆の中で、禍々しいひょっとこの面を被った謎の人物が銃口を向ける先は……。謎が謎を呼ぶ映像の最後には、「人間って、やっぱおもしろ!」と口走りながら、新生リュークも登場する。