松岡茉優、広瀬すずに「もう会いたくないと思った」『ちはやふる』イベントに登場

競技かるたを題材にした大人気コミックス「ちはやふる」(末次由紀/講談社「BE・LOVE」連載)を実写映画化した『ちはやふる』(『-上の句-』公開中、『-下の句-』4月29日公開)。『-下の句-』の公開に先駆け、20日に新宿歌舞伎町セントラルロードで、「からくれなゐレッドカーペットイベント」が行われ、主演の広瀬すずをはじめ、野村周平真剣佑上白石萌音矢本悠馬森永悠希松岡茉優が袴姿で登場した。

原作は、2010年「このマンガがすごい!オンナ編」第1位を獲得し、コミックス累計発行部数1200万部(2015年6月現在、既刊27巻)を超え、2011年に「ちはやふる」、2012年には「ちはやふる2」として、テレビアニメ化もされた大人気作品。“競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生たちの友情・恋愛・成長が、瑞々しくも熱い青春模様として描かれる。

『-下の句-』では、広瀬演じる綾瀬千早と、松岡演じる若宮詩暢のかるた対決が見どころの一つ。松岡は「初めてすずちゃんと会ったのが練習の日だったんですけど、既に『-上の句-』をインしてたくさんかるたを払っていたすずちゃんに対して、私は1ヶ月くらいの練習だった。(かるたクイーンの)詩暢ちゃんは絶対に千早に負けないのに、すずに負ける私が悔しすぎて、二度とこの子と練習したくないと思いました」と当時の心境を明かすと、広瀬は「嘘でしょ!?」と困惑した様子を見せた。さらに、松岡が「かるたの取り方が違うので、もう会いたくないなと思いました」と吐露すると、広瀬が「私は会いたかったよ」と告白し、「詩暢ちゃんと千早は取り方が180度違うので、取られるシーンは私も悔しかったです」と続ける。すると、松岡が「せっかく撮影が上手くいっても、すずがすごく不機嫌だったりして、“台本通りだよ”って言っていました(笑)」と知られざるエピソードを紹介した。

今回のイベントでは、ファンサービスを行いながらレッドカーペットを練り歩く演出で登場。松岡が「こんなにたくさんの方に集まっていただいて、なんだか楽しくなっちゃいました。なので、さっきすずと手を繋いでいたんですけど、早々に離されました。気づいたらかなちゃん(大江奏役の上白石)と手を繋いでいました」と暴露し、「やっぱり瑞沢かるた部の絆は痛感しましたよね」と嫉妬気味に語った。さらに、「だから、真剣佑くんと私は疎外感を感じています。ね?」と、同じく瑞沢かるた部員ではない真剣佑に同意を求めるも「そんなことないですよ。僕ずっと遊びに行っていましたし……」とまさかの否定。松岡が「じゃあ私だけだったみたいです」と冗談交じりに拗ねてみせると、真剣佑は「そんなことはないですよ。僕がいます」とフォローするが、周囲からは「どっちだよ!」とツッコミを入れられていた。