風間俊介「ついにゾーマを倒しに…」『ドラクエ』生みの親・堀井雄二も満足のテリー役

今夏に開催される、日本初の超大型オリジナルアリーナショー『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』。この度、主人公・勇者役のキャストが、ダンサーとして活躍している松浦司に決定。かねてより参加が決まっていた、テリー役の風間俊介、アリーナ役の中川翔子、トルネコ役の芋洗坂係長とともに、記者会見を行った。

『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』は、今年で発売から30周年を迎える国民的RPG「ドラゴンクエスト」をベースに、日本で初めて制作されるオリジナルのアリーナショー。この夏に、全国5大アリーナで計40万人を動員する大型プロジェクトだ。演出は、数々の人気テーマパークのショーやB’zのドームツアーなどを手掛ける金谷かほり。ステージデザインには、ロンドン、北京五輪の開会式やレディー・ガガ、マドンナなどの世界ツアーを手掛けるレイ・ウィンクラー率いるStufish Entertainment Architectsを迎えるなど、国内外のトップクリエイターが集結。早くも追加公演が決定するなど、全国から多くの期待の声が寄せられている。

テリーの装備をまとって登場した風間は「ついにゾーマを倒しに行くんだという実感が湧いてきました。今年の夏は、日本中の人を冒険の世界に連れて行きたいと思っています」コメント。テリー役については「僕は素早さが魅力だと思っています」と語り、「今まで、いろんな人がゲームの中で、一度に2回斬る“はやぶさ斬り”ってどうやるのかなって思っていたと思うんです。なので、(僕自身の)今までの想像だったり、遊んでいたりした時間をつぎ込んでいって、テリーを演じられたらと思います」と意気込むと、関係者席に座っていた「ドラクエ」の生みの親・堀井雄二も満足気な表情を浮かべていた。

続いて、パーティーを組む仲間の印象を聞かれた風間。勇者役の松浦については「勇者というのは、導かれし者であり、選ばれし者だと思うんです。(松浦に)初めて会った時に、そういう空気や、この人についていこうと思わせるオーラを感じました」と絶賛。中川と芋洗坂係長については「会った瞬間に、誰がどう見てもアリーナとトルネコ。この2人は、全てのファンが納得するんじゃないかと思った」と語り、「この2人に会った時に、自分は大丈夫だろうかと思ったんですけど、2人からも“バッチリのテリー”だと言っていただけました」と告白。「『ドラクエ3』で“そして伝説へ……”というキャッチコピーがありますけど、まさに伝説に向かってまっしぐらだと感じました」と自信を覗かせる場面も。

そして、「テリーというのは、本来“孤高の剣士”というタイプ。なので、パーティーのみんなとは少し違った言動や行動をすることがあります。そういう部分で生まれる会話やキャラクターの面白さを楽しんでいただけたらと思います。そして、全国を回る中で、強豪マーチングバンドの子たちと舞台を作り上げていきます。その都市毎に、共演してくれるバンドが変わりますので、イメージや色が都市毎に変わっていくきます」と見どころを紹介し、「(僕自身も)その変化の一つ一つを楽しんでいければと思います」と語った。