選ばれし勇者役は「アリアハン出身」松浦司に決定「ワクワクが止まらない」

今夏に開催される、日本初の超大型オリジナルアリーナショー『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』。この度、主人公・勇者役のキャストが、ダンサーとして活躍している松浦司に決定。かねてより参加が決まっていた、テリー役の風間俊介、アリーナ役の中川翔子、トルネコ役の芋洗坂係長とともに、記者会見を行った。

『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』は、今年で発売から30周年を迎える国民的RPG「ドラゴンクエスト」をベースに、日本で初めて制作されるオリジナルのアリーナショー。この夏に、全国5大アリーナで計40万人を動員する大型プロジェクトだ。演出は、数々の人気テーマパークのショーやB’zのドームツアーなどを手掛ける金谷かほり。ステージデザインには、ロンドン、北京五輪の開会式やレディー・ガガ、マドンナなどの世界ツアーを手掛けるレイ・ウィンクラー率いるStufish Entertainment Architectsを迎えるなど、国内外のトップクリエイターが集結。早くも追加公演が決定するなど、全国から多くの期待の声が寄せられている。

700人のオーディションを勝ち抜いた松浦。「勇者役を演じさせていただく松浦司です。普段は大阪でダンスや舞台をしています」と自己紹介すると、司会の桝太一アナウンサーから「若干関西弁の勇者な感じですね」とイジられるも、「大阪寄りの勇者ですが、出身はアリアハン(ドラクエ3に登場する地名)です」と見事な返しを披露し、「今から冒険が始まると思うとワクワクが止まらないです」と胸を踊らせていた。

日本テレビの依田謙一プロデューサーは「実は後から知ったんですけど……」と切り出し、「この舞台は『ドラクエ3』が物語のベースになっていて、それが発売されたのが1988年。松浦さんが生まれたのも1988年。運命づけられていますよね」とコメント。松浦が「まさか同い年だとは思わなかったです」と語ると、風間は「あのゲームで勇者が生まれた年に、勇者として生まれてきたってことですよね」と感激の様子。続けて、桝アナが「もしかして、松浦さんのお父さんの名前“オルテガ”だったりします?」とゲームの設定にかけて質問すると、会場は笑いに包まれた。

また、今回の決定について、情報解禁まで両親にも秘密にしているという松浦。桝アナが「親御さんにはどうやって報告するんですか? “俺、勇者になったよ”って言うんですか?」と尋ねると、松浦は「そこは噂で気づいてくれたら。ちょっと自分で言うのは恥ずかしいじゃないですか」と回答。枡アナが「じゃあ、“お宅の息子さん、勇者になったらしいわよ”って感じですかね」と問いかけると、松浦も「あっ、そっちの方がありがたいです(笑)」とはにかんでいた。

そして、「みんな、ゲームでも勇者に自分の名前をつけると思うんです。今回は僕を通して、 “あっ勇者だ”って思ってもらえるように、みんなで舞台を作り上げていきたい。ゲームをしていた時の感覚になれるように、勇者役を演じさせていただきたいと思います」と意気込みを語った。

PICK UP