古今亭菊之丞の語りに「アテブリ芝居」で臨場感倍増落語が誕生

公開:

3月28日(月)22時からNHK総合にて、『超入門!落語 THE MOVIE』が放送。同番組は、濱田岳をナビゲーターに迎え、とかく「長い」「単調」「難しい」と言われがちな落語に、完璧な「アテブリ芝居」をかぶせて、初心者でも「面白くわかりやすい新たなエンタメ」をめざすバラエティ。

今回登場する噺家は、古今亭菊之丞。そして芝居をするのは友近、澤部佑ら。番組では、噺家の語りに合わせて再現役者の口が動く、いわゆる「リップシンク」に徹底的にこだわり、あたかも落語の登場人物たちが実際に話しているかのような臨場感を演出。見ている人をリアルな落語の世界へと導く。演目は古典落語の定番「紙入れ」と「元犬」。江戸の庶民が織り成す爆笑物語を「伝統の語り芸」と「実験的映像」のコラボレーションで届ける。

PICK UP