高良健吾“お笑い”に意欲も、明石家さんまからお説教を受け撃沈?

俳優の高良健吾が、明石家さんまのトークバラエティ『さんまのまんま』(関西テレビ・フジテレビ系)に初出演。自身が主演するドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系、毎週月曜21:00)の打ち上げ秘話などを語る。

若手きっての実力派俳優として、数々のドラマや映画に出演している高良は、今年の11月で29歳。「結婚願望はあります」、「早く30歳になって、お父さん役とかやってみたいです」と、現在の年齢ならではの等身大の思いを打ち明ける。また、さんまに笑いを伝授され「バラエティに出てしゃべれないのは嫌なので、こういうのも覚えていきたい」と意欲を見せる。

ドラマの話題になると、無事にドラマの撮影が終了し、朝まで打ち上げをして2次会はカラオケに行ったことを明かす。すると、さんまは「何歌うん? ちょっと歌うてくれ」と高良にリクエストし、急きょ、アカペラで歌を披露することに。しかし、さんまからお説教を受けてしまう。

そして、さんまの興味は打ち上げのメンバーに。「有村架純ちゃんも来てたんか!?」と尋ねるさんまに対して、高良は「有村さんから預かってきました」と、1枚の写真を取り出す。その裏側には有村の直筆メッセージが書かれており、それを読んださんまは「LINEのIDが……」と暗号解読を始める。

そんな中、イケメン俳優を前にさんまは、「キレイな顔やけど、俺は変わりたないわ」と言い放つ。さらに「女性は好き?」と質問をぶつけると、高良は「(小声で)好きです」と答え、さんまを爆笑させる。ただ、プライベートでは地元・熊本の男友達と遊ぶことが多く、ついセリフで熊本弁が出てしまい苦労したことなどを告白。さらに高良は、あるひと言で、スタジオの女性のハートをキャッチ。高良のコメントに注目だ。

そのほか、まんまコーナーでは、高良がドローンを使って上空からの3ショット撮影に挑戦する。この模様は、関西テレビで3月12日(土)13時56分から、フジテレビで3月13日(日)13時から放送される。