高橋大輔「楽しみ」フジのフィギュアスケート“中継の顔”に意気込み

バンクーバー五輪のフィギュアスケート銅メダリストの高橋大輔が、フジテレビ系で3月31日(木)から4月4日(月)まで5夜連続で地上波独占放送する『世界フィギュアスケート選手権2016』にゲスト出演。さらに、来年度(2016/2017シーズン)のフジテレビ・フィギュアスケート中継の顔として、ナビゲーターに就任することが決定した。

アメリカ・ボストンで開催されるシーズン最後の大舞台『世界フィギュアスケート選手権2016』。日本からは、昨年の大会で銀メダルに終わり王座奪還を目指す羽生結弦、今シーズンからシニアデビューを果たした宇野昌磨、今年2月の四大陸フィギュアスケート選手権で優勝した宮原知子、今シーズン大躍進の本郷理華、そして一年の休養から復帰した“女王”浅田真央と、男女ともに豪華メンバーがそろう。また、多くのオリンピックメダリスト、フィギュア大国ロシアやアメリカなど強豪国をはじめとする各国のトップスケーターもこぞって出場する。

引退後初めて立場を変えてフィギュアスケート中継の舞台に戻ってくる高橋は「世界最高峰の戦いに参戦する日本代表選手を、中継を通じ応援できることを楽しみにしています。日本代表の皆さんが自分の力を発揮できるよう願っています」と意気込みを語り、「来シーズンからは“ナビゲーター”として皆さまにもっとフィギュアスケートを楽しんでいただけるよう努めてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!」とメッセージを送っている。

フジテレビの加納慎介プロデューサーは高橋の起用について「世界選手権優勝(2010年)やオリンピックメダリスト(2010年バンクーバー五輪)といった、日本男子フィギュアスケート界初の偉業を達成するとともに、フィギュアスケート界で初めてプログラムにヒップホップの楽曲を取り入れるなど、日本フィギュアスケート界のパイオニアである高橋大輔さんだからこそ、“全日本選手権”、“四大陸選手権”、“世界選手権”という、日本と世界のフィギュアスケート最高峰の中継に携わっていただきたいと思い、今回のオファーに至りました」と語り、「これまで以上に臨場感あふれるフィギュアスケート中継をナビゲートしていただき、新しいスタイルの番組を視聴者の皆さまにお届けできればと思っています」と期待を寄せている。


<放送予定>
3月31日(木)19時~21時30分「男子ショートプログラム」
4月1日(金)19時~21時30分「女子ショートプログラム」、25時10分~26時10分「アイスダンス・フリーダンス」
4月2日(土)19時~21時30分「男子フリー」
4月3日(日)19時~21時54分「女子フリー」、25時30分~26時30分「ペア・フリー」
4月4日(月)19時~20時54分「エキシビション」

<出演者>
解説:荒川静香(女子)、本田武史(男子)、宮本賢二(アイスダンス)、小山朋昭(ペア)
ゲスト:高橋大輔
実況:西岡孝洋、中村光宏、鈴木芳彦(フジテレビアナウンサー)
インタビュー/リポート:三田友梨佳、内田嶺衣奈(フジテレビアナウンサー)