安藤サクラが連ドラ初ヒロイン『ゆとりですがなにか』岡田将生の同僚役に決定

岡田将生松坂桃李柳楽優弥がアラサーゆとり世代を演じる、日本テレビ系の日曜ドラマ『ゆとりですがなにか』(毎週日曜22:30~)の放送スタート日が、4月17日に決定。さらに、ヒロイン・宮下茜役に安藤サクラ、レンタルおじさん・麻生厳役に吉田鋼太郎、真性ゆとり・山岸ひろむ役に太賀、といった豪華なキャスト陣も追加発表され、ポスタービジュアルも公開された。

野心なし、競争意識なし、協調性なしと言われる“ゆとり世代”。2002年に行われた教育改正。完全週休2日制。授業内容、時間数削減。絶対評価導入。1987年生まれの“ゆとり第一世代”は、今年で29歳と人生の岐路を迎える。しかし、高校が休みの土日は塾通い。大学3年生、就活しようとしたらリーマンショック。いきなりの就職氷河期。入社1年目の3月に東日本大震災。“みんな違ってみんな素敵”と教えられたはずが、気づけばここは“優勝劣敗の競争社会”。果たして、「ゆとり世代」は本当に「ゆとり」なのか? 本作では、アラサー男子3人が、仕事に家族に恋に友情に、迷い、あがきながらも、懸命に世の中の理不尽に立ち向かっていく。毎日に奮闘する人たちが行き交う、“ゆとりなんてない”人間ドラマだ。

安藤が演じるのは、岡田演じる“ゆとり第一世代”のアラサーサラリーマン・坂間正和(29)がつとめる食品メーカーの同期社員・宮下茜(29)。茜は、松坂演じる小学校教師・山路一豊(29)、柳楽演じる高円寺の客引き・道上まりぶ(29)と同い年の“ゆとり第一世代”でありながらも、七転八倒の男子たちとは違い、仕事でも活躍し、順調に昇進していく“デキる女”。一方で、長年つきあっている恋人との関係や自分の未来になやみ、素直になれずさみしさを抱えているという、等身大の女性の顔も持ち合わせている。

そんな茜役で、連ドラ初ヒロインを務める安藤は「久しぶりのドラマ撮影で少々緊張気味です。しかし撮影はもの凄く楽しく、宮藤さんの台詞は聞くのも言うのもわくわくします」と出演の喜びを語る。続けて、「共感したり、逆に“こんなんじゃねえよ!”と腹を立てたり、爆笑したり、色々な世代の方がこのドラマを観ながらいろんな気持ちになったらいいなと思っています。皆様がどんな表情でテレビの前にいるのか、それがとっても楽しみです」と、メッセージを送った。

また、吉田が演じるのは、生き方も価値観もまったく違う、正和・山路・まりぶという3人の“ゆとり”男子が出会うきっかけとなる人物・麻生厳(55)。ネットで指名して呼び出すと時間制で悩み相談にのってくれる“レンタルおじさん”をしているが、実はバツイチで、前妻との間に生まれた息子(29)と同い年の女性と再婚しているという強烈なキャラクター。吉田は、「今回、宮藤官九郎さんの脚本で初めてやらせていただくということで大変期待しております。本が大変面白く、早く次の回が出来ないかと待ち遠しい、素晴らしい出来になっております」と、撮影を楽しみにしている様子。そして、「岡田将生君、松坂桃李君、柳樂優弥君。みんな大好きな俳優さんたちで、公私ともに仲良くしていただき、かつ、大変尊敬している若手の俳優さんたちと三人いっぺんにご一緒できることも、意気込みにつながっております。どうぞみなさん楽しみにご覧になって下さい」とアピールしていた。

太賀が演じるのは、正和の後輩で、主人公たちを脅かす存在である“平成うまれの真性ゆとり”、入社2年目の山岸ひろむ(23)。「その飲み会って強制っすか?」「だるいんでパスで」「道わかんなくてタクっちゃいました」「メール見ないんで、LINEでお願いしまーす」といった、超合理的なゆとり発言を連発して周囲をザワつかせる。山岸役の太賀は「幼い頃から宮藤官九郎さんの作品に多大な影響を受けて育ちました。今回『ゆとりですがなにか』に参加出来ることは大変嬉しく、そして大変、身の引き締まる思いです。水田伸生監督のもとで素晴らしい作品になるよう、宮藤さんから授かった役に一生懸命挑みます」と意気込んだ。

PICK UP