枡田絵理奈アナ、TBSで陥った“ピンチ”をフジテレビで告白

潮田玲子、本田朋子、枡田絵理奈が、3月6日(日)放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系、毎週日曜7:00)に出演。スポーツキャスターとして活躍し、アスリートの夫を持つ3人が、プライベートの様子を赤裸々に語る。

この番組は毎回、様々なジャンルで活躍する3人が集い、多彩な話題や事象を取り上げてトークを展開。司会者を置かず、ゲストの気負わないトークのみで番組が進行していき、その素顔を伝えていく。

元TBSアナウンサーの枡田と元フジテレビアナウンサーの本田は、局アナ時代にスポーツキャスターとして意気投合。潮田は現役時代に二人から取材を受け、引退後にスポーツキャスターになり親交を深めてきた。枡田にとってTBS以外の番組に出演するのは今回が初めてで、元フジテレビアナウンサーの本田とは初共演。また、バドミントン代表として日の丸を背負ってきた潮田とは、昨年9月、数日違いで出産したという共通点を持つ。

潮田と枡田の赤ちゃんの話題になると、父親がアスリートなだけに「体幹が強い!」と言って盛り上がる。そして、潮田と本田は、夫が練習で家にいない間に“ついやってしまうこと”があると明かす。夫婦喧嘩の話題では「一歩も譲らない」という潮田に対し、枡田は「喧嘩は一度もない!」と言い切り、本田は遠距離恋愛時代に甘ずっぱい喧嘩をしたことを振り返る。

さらに枡田は、TBSの入社面接でピンチに陥った時のエピソードを告白。面接官を前にやぶれかぶれで放った一言とは……? アナウンサー志望者は必見(!?)の枡田の“対応力”に注目だ。