『テラスハウス』出演者が夜事情を告白!?「恥ずかしい」ぶっちゃけトークを披露

フジテレビで2月29日(月)深夜に放送した『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY』#18で、モデルの中田みのりと姉のくるみがぶっちゃけトークを披露。テラスハウスに住むカップルの“夜の事情”について語った。

タップダンサーの安達雄基と会社員の信太美月が#17で卒業し、現在、みのりの彼氏となった美容師の内原達也、急速に距離を縮めている帽子デザイナーの大畑ありさとハワイ出身のビタラフ・アルマンの4人で共同生活を送っているテラスハウス。前回の放送では、カップル専用の和室が用意され話題となった。そして今回、登場したのがみのりの姉・くるみ。これまでにも度々登場しては妹や達也に恋の指南をしてきた彼女が、この日は、テラスハウスの“夜の事情”に切り込んだ。

ある日、ランチへやってきたみのりとくるみ。姉として気になるのはもちろん達也の話題。くるみが「二組のカップルがいる感じ?」と質問すると、みのりは「実際のところどうなんだろう?」と曖昧な返事を返す。そこでくるみは「良いじゃん、部屋を分けちゃえば」と提案。するとみのりはカップルルームの存在を明かして姉を驚かせる。

そんな中、達也とケンカになったことを打ち明けるみのり。「難しくない話も難しくなっちゃう」という悩みに対して、くるみから出てきた言葉は、「仲直りセックス的なのはないの?」という直球の疑問。みのりは「そういうテンションじゃないんだもん」とはぐらかすが、「一切ないの? 付きあってから?」と食い下がり、みのりから「なくない……」という言葉を引き出すことに成功。更にくるみは「ケンカはしたけどエッチしたからどうでも良くなっちゃった……っていうのはないんだ?」と言って、「やめて恥ずかしい」と妹を赤面させた。

この模様を見ていたスタジオの山里亮太は「相変わらずくるみちゃんのキャラクターは良いですね」と絶賛するなど大盛り上がり。そのほか、この日はアルマンとありさのよみうりランドデートの模様を放送。デートの約束をしていたにもかからず二日酔いでグダグダになってしまったアルマンに対して、ありさは「かっこつけてないところも見られたから良かった」と好評価。それに対して、スタジオの山里が「なんだよそれ。バカバカしい」と不満を爆発させスタジオメンバーを笑わせる一幕も。さらに、新メンバーふたりの姿も一部紹介された。

PICK UP