美人女子アナが悶絶した“恐怖の罰ゲーム”とは

ガダルカナル・タカが委員長を務める、関西地区で放送されている読売テレビの人気番組『ytv アナウンサー向上委員会 ギューン↑』。2月24日の放送回では、前回に引き続き、女子アナたちが「カレンダー企画」にまつわる罰ゲームに挑戦した。

前回の放送では、以前に発売した「ytv女子アナカレンダー」の販売数が目標を達成できなかったことを受け、諸國沙代子アナが代表して罰ゲームのバンジージャンプを行った。そして、今回は、諸國アナ以外のメンバーでくじ引きを行い、中谷しのぶアナが「後ろ向きジェットコースター バックナンジャー」に挑戦することに。

禊を免れた吉田奈央アナと林マオアナが大喜びする中、中谷アナが「諸國もがんばったんだから、どちらか一人は一緒に来てくださいよ」と訴えると、タカが「じゃあ、道連れチャーンス!」とノリノリ。抽選の結果、林アナと中谷アナがバックナンジャーに挑んだ。景色を楽しむ余裕を見せる林アナに対し、中谷アナは「ちょっとおかしくないですか? 高すぎじゃない? 高すぎる高すぎる」と恐怖を露わに。さらに、後ろ向きで落下し始めると「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ、ホントにゴメンナサイ!」と謝罪の言葉を繰り返し、「もうカレンダー売りません。何もしません!」と大絶叫。そして、ゴールに到着すると、ぐったりした様子で「気持ち悪い……何も見えませんでした」と感想を語っていた。