広瀬すず、初主演の責任は「全く意識しない」映画『ちはやふる』完成披露試写に登場

競技かるたを題材にした大人気コミックス「ちはやふる」(末次由紀/講談社「BE・LOVE」連載)を実写映画化した『ちはやふる』(『-上の句-』3月19日公開、『-下の句-』4月29日公開)。この度、『-上の句-』の完成披露試写会が都内で行われ、主演の広瀬すずをはじめ、豪華キャストが舞台挨拶のために登壇した。

原作は、2010年「このマンガがすごい!オンナ編」第1位を獲得し、コミックス累計発行部数1200万部(2015年6月現在、既刊27巻)を超え、2011年に「ちはやふる」、2012年には「ちはやふる2」として、テレビアニメ化もされた大人気作品。“競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生たちの友情・恋愛・成長が、瑞々しくも熱い青春模様として描かれる。

本作で映画初主演を果たした広瀬は「先頭に立たなきゃとか、責任とかは、全く意識はしなかったです。現場に行くと瑞沢(高校)のみんながいて、マッケン(真剣佑)とか(松岡)茉優ちゃん、(清水)尋也くんがいて、全員が引っ張ってくれることが多かったです。なので、本当に感謝の気持ちが大きいです」と、共演者へ感謝の思いを伝えた。さらに、「同世代からこんなにパワーをもらえるんだと思った現場でした」と振り返り、「朝から晩まで撮影があって、体力的な勝負で泊まり込みもありました。でも、大人になってもずっと大事にしたいと思える仲間に出会えたと思っています。それが映画の中にも映っていればいいな。全部が財産になった作品です」と、感慨深げに語った。

そして、「私たち、それぞれの役の思いだったり、色々な感情に出会えていただけたら嬉しいです。ちょっとした恋のお話もあったりするので、みなさんぜひ楽しんで下さい」とアピールしていた。

この日は、広瀬のほか、野村周平、真剣佑、上白石萌音矢本悠馬森永悠希清水尋也松岡茉優小泉徳宏監督が登壇。イベントでは作品を象徴する一歌「千早振る 神代もきかず竜田川 から紅に水くくるとは」をモチーフに、会場に敷き詰められた“ちはやふる・紅”カーペットを登壇者らが練り歩く演出も。さらに、天井からは紅葉がふり注ぎ、会場を真っ赤に染め上げていた。