川栄李奈、無差別殺人を行う“史上最悪のデスノート所有者”に 映画『デスノート』

人気コミックを実写化して大ヒットした映画『デスノート』(2006年)の10年後を描く続編『デスノート 2016』(2016年秋公開)。この度、追加キャストが発表され、AKB48の元メンバーで、現在は女優として活躍している川栄李奈が、史上最悪のデスノート所有者・青井さくらを演じることがわかった。

2006年に公開された映画『デスノート』では、名前を書き込むことで人を殺すことができるノートを使用し、犯罪者のいない新世界を造り、神になろうとした青年・夜神月(藤原竜也)、通称“キラ”と、彼を捕まえようとする世界的な探偵・L(松山ケンイチ)との熾烈な心理戦・頭脳戦が描かれた。それから10年後に舞台を移し、正統な続編として紡がれる本作には、“デスノートを追う男・三島創(東出昌大)”、“デスノートを封じる男・竜崎(池松壮亮)”、“デスノートを制する男・紫苑優輝(菅田将暉)”という3人のキーパーソンが登場。“人間界で同時に存在していいノートは6冊まで”という「6冊ルール」のもと、デスノートを巡って三つ巴の戦いを繰り広げる。

川栄が演じるさくらは、死神界から地上に落とされ世界中に散らばったデスノートを所有する人物の一人。渋谷の街にいる一見普通の女の子だが、デスノートを使用して大群衆を恐怖に陥れる、という重要なキャラクターだ。前作で藤原が演じた「キラ=夜神月」とは真逆で、何も思想を持たずに無差別殺人を行う史上最悪の所有者だ。

川栄は「こういう役はやったことがなかったので、すごくやってみたかったし、今回新しい挑戦をさせていただいて、とても嬉しいです」と喜びを明かし、「自分がデスノートを拾ったらどうなるんだろうとワクワクしながらも、周りで多くの人が死んでいくので不思議な感じですが、普通の女の子を意識して演じさせていただきました」と振り返る。また、「私も好奇心旺盛なので、そこは(さくらと)似ていると思います」と役柄との共通点を語り、「過去の作品は、どのようなラストになるのかワクワクしながら見ていたので、そのワクワクがこの作品でも感じていただけると思います。とても楽しみです」とコメント。

佐藤信介監督は、川栄について「サイコな若い女性で、デスノートを使い、人々を殺しまくるという役柄。デスノートで人を殺すと言っても、それは文字を書くという日常的な行為。しかし、その表情やムードでサイコな雰囲気を醸し、さらに川栄さんの真逆な見た目と性格が、一層それを際立たせました。本作の非常に大きな見所のシーンとなりました」と絶賛している。