中村倫也の“カワイイ女装”に、ロケ地の人々「あの女優だれ?」とザワつく

俳優の中村倫也が、2月16日に放送するドラマ『お義父さんと呼ばせて』(関西テレビ・フジテレビ系、毎週火曜22:00)の第5話で女装姿を披露。主演の遠藤憲一に“壁ドン”されるオフショット写真が公開された。

このドラマは、遠藤演じる中堅専門商社の部長・大道寺保(遠藤憲一)が、渡部演じる一流総合商社の取締役・花澤紀一郎(渡部篤郎)の愛娘・美蘭(蓮佛美沙子)と出会い、年の差を乗り越えて結婚を決意することから展開。まるで異なる生き方を歩んできた51歳の2人が、「結婚したい男」と「結婚させたくない男」として、娘をめぐり激しくぶつかり合う姿をコミカルに描く。

既に予告や劇中写真での葉理男の“女装姿”が公開され話題を呼んでいるが、今回のオフショット写真は、夜の街で女装した中村に遠藤が“壁ドン”するという、劇中では(恐らく)あり得ない構図。遠藤は「新宿の繁華街で撮影したけど、みんな“あの女優は誰?”って言っていた(笑) 男だってバレてないんだね」と撮影を振り返り、中村演じる葉理男の見事なオンナっぷりに感心していた。

第5話は、中村が演じる花澤家の長男・葉理男にクローズアップされ、葉理男はなぜ女装するのかが明らかになる。大パニックに陥る保と紀一郎の姿にも注目だ。

PICK UP