岡村靖幸「モテキが来ることが幸せ」と本音をポロリ 久保ミツロウとデート

ミュージシャンの岡村靖幸が、フジテレビほかで2月13日と20日に放送する『久保みねヒャダこじらせナイト』(毎週土曜深夜)にゲスト出演。岡村の大ファンでもある番組MCの久保ミツロウと巣鴨でデートを行い、幸せについて語り合う。

この番組は、大ヒット漫画「モテキ」の作者・久保ミツロウ、音楽プロデューサー・ヒャダイン、独特の世界観を持つエッセイストで久保ミツロウの親友・能町みね子の「こじらせ系」クリエーター3人が毒舌&妄想&本音トークする、一風変わった文化的おしゃべりバラエティー。今年2月5日(土)の放送で放送回数100回を迎えた。

今回、特別企画「久保×岡村こじらせデート」と題して、二人きりでデートを実施。待ち合わせ場所の六本木・アマンドに二人が揃うと、今年初めて顔を合わせたようで「明けましておめでとうございます」とあいさつを交わし、待ち合わせが六本木になった理由や“早寝早起き”の話などで盛り上がる。そして、岡村からプレゼントを渡された久保は、うれしそうな表情を浮かべながら店を出る。巣鴨へと移動するタクシー内でも話しは尽きず、岡村が「この番組、面白いですよね」と絶賛し、“こじらせソング”や久保が生んだ番組キャラクター“はっちゃん”の話を繰り広げる。

そうして巣鴨に到着すると、二人は巣鴨地蔵通り商店街で“おしゃべりデート”をスタート。しばらく談笑しながら歩いていくと“幸福(しあわせ)だんご”を売っているおだんごや屋さんを発見。団子の名前にちなんで岡村が「幸せってなんですか?」と店の人に質問。すると「“人とのつながり”に幸せを感じる」と言われる。その後も、布団屋さんや女子学生、7才の女子児童、ほろ酔いマダムにも「あなたにとって幸せってなんですか?」と聞いていくと、考えさせられる話から笑える話まで、様々な答えが出てくる。そんな中、いい匂いに釣られておせんべい屋さんに入ると、久保は「うちの息子(はっちゃん)がいることが幸せ」、そして岡村は「モテキが来ることが幸せ」と、本音でそれぞれの“幸せ”について語り合う。

その後もディナーで訪れたイタリアンのお店でお酒をたしなむ二人は、久保と同業である漫画家のことや、再び幸せについてぶっちゃけトークを繰り広げていく。漫画業界と音楽業界で異彩を放つ二人の貴重な本音トークに注目だ。

PICK UP