元NHKアナ小正裕佳子『ZERO』新キャスターに決定 ミス東大&医科大勤務の異色経歴

元NHKアナウンサーの小正裕佳子が、日本テレビ系の情報番組『NEWS ZERO』(毎週月曜から木曜23:00~、金曜23:30~)に、新キャスターとして参加することが決定。3月28日(月)の放送回から登場する。

東京大学大学院・医学系研究科の修士課程を修了している高学歴の持ち主で、2003年度のミス東大に選ばれるなど、才色兼備な小正。今回の新キャスター決定を受け、「自分ができることは限られていると思いますが、『ZERO』を見ている方々が物事を考える際の判断材料になるよう、できる限りていねいに、一生懸命伝えていきたいと思います」と意気込んだ。

番組の向後淳プロデューサーは、小正の起用理由について「ミス東大、NHKアナウンサー、獨協医科大学助教、という異色の経歴を持っています。東日本大震災という未曾有の災害で感じたことがきっかけとなり前職を離れ、被災者に与えた放射能の影響を福島でフィールドワークしてきました。直接被災者の方々とも向き合ってきました。小正さんのそのような経験、また他にないユニークなキャリアを活かし、『ZERO』がより人の役に立つ、魅力ある番組にしていきたいと思っています。初めて会ったときから真摯でまじめな話しぶりに好感をもち、福島や被災者に思いをはせる姿勢に共感し、出演をお願いするに至りました」と理由を語った。

PICK UP