天龍源一郎、滑舌が悪すぎて娘に同時通訳される『ナカイの窓』親子で出演

天龍源一郎と、娘の嶋田紋奈が、2月3日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系、毎週水曜23:59~)に出演。伝説のプロレスラーとして知られている天龍だが、その滑舌の悪さでも有名で、一般人では聞き取ることが難しい。そこで今回は、嶋田が娘ならではの同時通訳を披露する。

今回は「パパと娘SP 第二弾」と題して、4組のゲストが登場。それぞれ本音トークを繰り広げ、意外な親子関係が明らかに。宮沢セイラは、元サッカー選手の父・宮澤ミシェルの「ちょっと汚い話」を紹介し、スタジオは大盛り上がり。弁護士の北村晴男は、娘・まりこからの「父は自分の番組を見て大爆笑している」という暴露に、逆ギレする場面も。

このほか、スベリ芸の達人・村上ショージと、謎のベールに包まれた娘・バターぬりえも登場。芸人となったバターぬりえが、父親の前で想いを寄せている芸人に生告白を行う。まさかの結末に、父・ショージも大慌てすることに。