くりぃむ上田「3万円だと思ったら3万元」プレゼントの失敗談を告白

爆笑問題・太田光とくりぃむしちゅー・上田晋也が、名古屋を巡りながら自由奔放にトークを繰り広げていくバラエティ番組『太田上田』(中京テレビ、毎週月曜~金曜深夜)。1月21日(木)の放送回で、上田が、過去に仲良くしていた女性との衝撃エピソードを披露した。

今週は、サンシャインサカエの名物観覧車「スカイボート」でトークを繰り広げてきた2人。プレゼントの話になり、相手が好きな物を自分で買って来て貰うのが良いと考える上田が、痛い目にあった話を紹介。中国ロケの仕事の合間に、その女性が会いに来てくれたという。しかし、上田はその後も仕事があったため、「一緒にいられないし、目の前にショッピングモールがあるから好きなものでも買っておいで。後であげるから」と告げ、「わざわざ中国まで会いに来て、かわいいやつだな」と思っていたとのこと。

その後、仕事を終えて戻った上田が「何か買った?」と尋ねると、彼女は頷きながらブレスレットを見せたという。「3万……」と控えめな金額を告げられた上田が、「3万“円”かって、お金を渡そうとした」というが、彼女から「ごめん。3万“元”なんだけど……」と衝撃の告白。上田は「3万元って当時のレートで、45万円くらいだぜ。お前アホかって思った。ちょっとした買い物で45万円の物買うかって思った」と振り返り、「こいつバカじゃないかって思ったけども、買っていいよって言ったし、中国まで来てくれてるし、なんとも言えないから、“おお……手頃だな”って言ったわ」と、当時の失敗談を明かした。