タトゥー外国人が新メンバー!テラハ女子が早くも落ちる?

フジテレビで1月11日に放送した『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY』#11で、明治学院大学4年生・長谷川慎がついに卒業、新メンバーとして、腕に掘られた大きなタトゥーが印象的なハワイ在住の日系人・ビタラフ・アルマンが加わった。さらに帝京大学医学部4年生・早田悠里子が重大発表を行った。

これまで、タップダンサー・安達雄基、美容師・内原達也、モデル・中田みのり、会社員・信太美月、帝京大学医学部4年生・早田悠里子、そして慎の6人で共同生活を送ってきた『新テラスハウス』。以前から男子メンバーに話していたように、慎は大学野球が終わったことを受けて卒業すること女子メンバーに伝えた。突然のことに女子メンバーは驚くが、翌朝、メンバー一人ひとりに手紙を渡し慎はテラスハウスを去った。

5人となったテラスハウスに新メンバーが加わる。ある日、リビングで達也とみのり、悠里子が過ごしているとテラスハウスのチャイムが鳴る。そしてやってきたのが新メンバーのアルマンだった。ハワイ在住で、日本人とイラン人とのハーフだという彼に対して、初めての新メンバーが外国人ということも加わり緊張を隠せない3人。ぎこちないながらも自己紹介を行っていく。

アルマンは10歳まで日本で育ち、テラスハウス出演のため14年ぶりに日本へ。矢継ぎ早にメンバーから質問され、将来は消防士になりたいと考え、英語だけでなく日本語も堪能で、ペルシャ語も少し話せるので日本では英会話の先生を希望していると語る。また、アウトドアのアクティビティが好きで、趣味はサーフィンやキックボクシング。「彼女はいる?」との質問には、「彼女は6ヶ月いないです」と答え、好みのタイプが「かわいくてみんなに優しい子、アクティビティやスポーツが好きな人」と明かすと、メンバーは口を揃え「美月だ!」と語った。

そして翌朝、アルマンと美月がリビングで初対面。美月がキッチンにいるとアルマンがやってきて「おはようございます。はじめましてアルマンです」とあいさつを交わす。すると美月は「はじめまして美月と申します」と丁寧に返し、「かわいいTシャツだね」と笑顔を見せる。するとアルマンも「お友達のお店のシャツなんです。モデルさんですか?」と語り、美月は「え? 普通の会社員」と驚きながらも笑みを浮かべる。それを聞いたアルマンは「一番モデルっぽかったから」と褒め、ハワイ出身で、スポーツが好きなことなどを話し、良い雰囲気で自己紹介した。

美月とアルマンのファーストコンタクトを見たスタジオのトリンドル玲奈は「すごくお似合いじゃないですか?」と語り、徳井義実も「お互い良い感じっぽい」とコメント。山里亮太は「海外の方はサラッと褒めるのが上手いですよね。“モデルっぽい”とかワザと間違えたのかな?」とコメントするなど、新メンバーの登場を喜んだ。

そんな中、アルマンのウェルカムパーティ中に悠里子が重大発表を行った。#10で元カレと再開し、“また付き合いたい”と思いを伝え、大学の試験を終えたところで返答をもらうことになっていることをメンバーに明かし、その結果を持ってテラスハウスを卒業すると宣言。それを聞いた雄基が驚きの声を上げる。