もう一度美和に会える!大河ドラマ『花燃ゆ』総集編を一挙放送

12月26日(土)13時5分から17時40分にNHK総合で、2015年1月から全50回にわたり放送してきた大河ドラマ『花燃ゆ』の総集編を一挙に放送。

井上真央を主演に迎えた本作は、幕末を舞台に、井上演じる松田松陰の妹・文の人生を通し、幕末の動乱を描いた超大作。また、どんなことがあっても松陰を見捨てず支え続ける家族、松下村塾での学園ドラマ、文に待ち受ける女の戦い。そして、幕末志士たちによる命懸けのドラマという様々なテーマを取り上げ、幕末史に残る様々な事件の裏側と若者たちの青春群像を壮大に描いた幕末時代劇だ。

さらに、井上をはじめ、久坂玄瑞役に東出昌大、高杉晋作役には高良健吾、吉田稔麿役には瀬戸康史ら人気俳優が名を連ね、松陰役の伊勢谷友介や小田村伊之助役の大沢たかおなど実力派も揃えた豪華キャストでも話題を集めた。

(ニュース中断あり)
総集編(1・前編)文は、松陰と小田村を出会わせる。松下村塾がスタート。
総集編(1・後編)文は久坂と結婚。松陰は幕府を批判し処刑される。
総集編(2)文は久坂を支えようとするが、久坂は戦いの中で命を落とす。
総集編(3)文は美和となり、毛利家の奥御殿で働く。幕府と戦った高杉も命を落とす。
総集編(4・前編)新しい時代となり、新しい日本人を育てるという志を果たそうとする美和。
総集編(5・後編)美和は、群馬県令となった楫取素彦とともに生きていく決意をする。