中川大志、リアル“まる子”と東京を散策

国民的アニメ23年ぶりの劇場版『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』の映画公開記念動画「まる子 大志 の東京散策」が、映画の公式サイトで公開されている。

映画は、放送25周年を迎えた国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の23年ぶりとなる劇場作品で、原作者・さくらももこ自らが脚本を担当し、まる子たちが、中川大志が声優を担当するイタリア人の少年・アンドレアら世界5カ国から清水にホームステイにやってきた子どもたちと交流する姿や、出会いと別れを描いた感動作。

映画では、まるちゃんと中川大志演じるイタリア人の少年・アンドレアが一緒に大阪旅行や灯篭祭りに行くなど、TVシリーズでは見られない甘酸っぱい思い出を描いているが、公開された動画では、この模様を実写で完全再現。アニメの世界を飛び出し、静岡県・清水から東京にやってきたまる子を中川が案内する姿が描かれる。

現在、3つの動画が公開されており、第3話では、“ある御利益”で女性に大人気な東京大神宮に参拝するところからスタート。二人は仲良くお参りし、終盤には、素敵なイルミネーションに囲まれた東京タワーへ。映画では「キミを忘れないよ」と約束をする2人が、光り輝く東京の街を眼下に何を語り合うのか注目だ。