B'z初期の名曲「BE THERE」なぜか“2015年○○流行語大賞”に決定

大ヒット漫画「モテキ」の作者・久保ミツロウ、音楽プロデューサー・ヒャダイン、独特の世界観を持つエッセイスト・能町みね子の“こじらせ系”クリエーター3人が毒舌&妄想&本音トークを繰り広げるバラエティ番組『久保みねヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ系列、毎週土曜深夜)。12月12日の放送では、「2015年こじらせ流行語大賞」が決定した。

番組内で飛び出した数々の名言・珍言・妄言から、スタッフがノミネート。視聴者投票で大賞に選ばれたのは、600票中174票を獲得した「BE THERE」だった。B'zが1990年に発表した4作目シングルのタイトルが、なぜ今になって脚光を浴びることとなったのか……?

実は、この「BE THERE」は、久保がトイレのビデ機能を使う時に脳内で流れる曲だという。改めてスタジオでイントロが流れると、ヒャダイン、能町も大爆笑。久保は「B'zの初期作品が、私のくだらないことで今こうやって評価されてしまい申し訳ないです。(スタジオでは)オープニングしか聴いてないけど、すごく良い曲なんだよ!」と熱弁していた。