モアイ像は彩色されていた?秘められた謎に最新技術で挑む

海外のよりすぐりのドキュメンタリーを放送する番組『地球ドラマチック』(Eテレ)。12月5日(土)は「イースター島 モアイ像の謎に迫る」と題し、最新技術で判明した新事実をもとにモアイ像の謎解きに挑む。

ナゾの巨石像、モアイ。いったい誰が、何のために作ったのか?そして、なぜ一体を除いてすべて倒れていたのか?

太平洋に浮かぶ絶海の孤島、イースター島。ここに立ち並ぶ巨大なモアイ像は、長い間多くの謎に包まれてきた。そんな中、一つのモアイから謎を解く手掛かりが見つかった!

背中に、あるシンボルが刻まれていることがわかったのだ。また、島に上陸した英国人の日誌から、彩色され目が入っていたことやほとんどの像が倒されていた事実も判明。当時の気象状況など島の歴史をひも解きながら、失われた文明の謎に迫る。(2014年イギリス)