沢尻エリカに“翻弄される”11年ぶり復活のドラマ『大奥』撮影舞台裏

フジテレビ系で2003年から2005年に放送されたドラマシリーズ『大奥』が、11年ぶりに復活し、沢尻エリカ主演で1月22日に第一部『大奥~最凶の女~』を、29日に第二部『大奥~悲劇の姉妹~』を放送することが決定した。フジテレビ編成企画の羽鳥健一が、沢尻の現場での様子を語った。

江戸時代、50年にわたる長期政権を確立し、爛熟(らんじゅく)期を生きたと言われている第11代将軍・徳川家斉を支えた大奥の女性絵巻を2週連続スペシャルドラマとして描いていく本作。過去のドラマシリーズを手がけてきた脚本・浅野妙子、監督・林徹が、沢尻と共に新たな『大奥』を描いていく。

物語は、徳川家斉の「青年期」と「壮年期」を舞台に展開し、沢尻は第一部で“お美代”、第二部で“梅”という二人の異なる人物を演じる。10人以上の側室を持ち50人以上の子供を設けたことから“オットセイ将軍”とも呼ばれた家斉の時代の大奥には、想像を絶する野心やプライド、そして復讐心などが渦巻いていた。そんな大奥で、時代に翻弄されながら女の園を生き抜いた“悪女”と“聖女”の二役を演じていく。

『大奥』の復活について羽鳥は「機運は数年前からあった」と語り、沢尻の起用について「“悪女”と“聖女”という真逆の主役を両方とも同じ女優さんに演じてもらったら面白い化学反応が起きるのではないかという話になり、脚本家の浅野妙子さん、林監督、そしてプロデュース陣でキャスティングを考えた際に、誰の何の迷いもなく決めました」とコメント。

また、撮影は京都の東映撮影所で約2カ月に渡り行われ、沢尻も京都に滞在し撮影。「生活する場所を変えての収録、それも初めての時代劇の収録は苦労も多く本当に大変だったと思います」と述べると、「異なる主役二役を鳥肌が立つくらい完璧に演じ分けていただき、若さゆえの美しさと年齢を重ねることによる熟れた美しさを見事に醸し出していただきました。沢尻さんの魅力に翻弄されること間違いありません」と現場で感じた手応えを語った。