新垣結衣、寝起きの行動が明らかに!?『掟上今日子の備忘録』第8話

西尾維新の小説を実写化した日本テレビ系のドラマ『掟上今日子の備忘録』(毎週土曜21:00~)。11月28日放送の第8話は、これまでとは異なる展開で物語が進行していく中で、新垣結衣演じる今日子の私生活が明らかになる。

主人公の掟上今日子は、寝てしまうと記憶が1日ごとにリセットされるため、忘れてはいけない大事なことは、常にマジックで体に書いているという異色の探偵。そんな彼女に惚れてしまったのが、何故かいつも犯人に間違われては探偵のお世話になる“史上最も運が悪い男”厄介(岡田将生)。毎回起こる不思議な事件を今日子が1日で解決する謎解きミステリーと、どんなに近づいても“思い出”が残らない今日子と厄介の切ない恋模様が描かれる。

これまでは、事件を依頼する厄介のナレーションをベースに物語が進行し、今日子の生活は謎に包まれていた。しかし、第8話は、“忘却探偵”である今日子の目線で展開。彼女が朝起きた時にどんな行動をするのか。また、日々をどのように過ごしているのかが明かされる。

[第8話あらすじ]人気推理作家・須永昼兵衛の死の真相を調査する案件で厄介への信頼を深めた今日子は、右の太ももに「厄介さん 信頼できる」と書き残して眠った。翌日、目を覚ました今日子は、右の太ももを見るが、彼女は“厄介さん”が誰なのか覚えていなかった。そんな中、アパレルショップで殺人事件が発生し、犯人を見つけてほしいという依頼が舞い込む。依頼人は、その店に居合わせた警視庁捜査一課長の妻(石田ひかり)。彼女は、現場に来た担当刑事の遠浅(工藤俊作)と新米(岡村優)が頼りないので、夫から評判を聞いていた今日子を呼んでもらったのだという。被害者は常連客の女性・屋根井で、死因はハンガーによる撲殺。事件当時、店内は多くの客でにぎわっており、被害者が試着室に入る姿が目撃されていて、それから20分後に試着室の中で遺体となって発見された。 しかし、犯人が試着室に入る姿は誰も見ておらず、試着室内の異変に気付いた人もいなかった。今日子は、この事件が人の目による密室で行われた殺人と断言する。殺人が行われたと思われる20分間に唯一起こった騒ぎが、積み重ねてあった靴箱がひっくり返され、靴がぶちまけられたことだけ。その騒ぎを起こしたのが、臨時で一日だけこの店にバイトに来ており、事件の第一発見者である厄介だった。彼に改めて自己紹介された今日子は、自分が右太ももに書いた“厄介さん”であると気付く。厄介は「今日子さんなら自分が犯人ではないことを分かってくれるはず」と無実を訴えるが、今日子にとっては初対面。今日子には厄介が自分で書いたような信頼できる人物とはとても思えなかった。今日子は、奇妙な密室殺人の謎を解きながら、厄介が昨日の自分にとってどんな存在だったのかを探っていく。