佐藤隆太「大罪が現場で待っている」内田有紀を殴るDV夫役と密入国者役で一人二役

広末涼子と内田有紀の初共演で話題となっている、1月期スタートの新ドラマ『ナオミとカナコ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00)で、佐藤隆太が一人二役で出演することがわかった。

本作は、直木賞など数々の受賞歴を誇るベストセラー作家・奥田英朗の小説が原作で、望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの小田直美(広末涼子)と夫のひどい暴力に耐える専業主婦の服部加奈子(内田有紀)が、DV夫を排除すべく、タッグを組む物語。“いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那……。先の読めないドキドキの展開、幾重にも張り巡らされた伏線、カラッと胸のすく痛快なエンターテインメントだ。

佐藤が演じるのは、エリート銀行マンで、加奈子に暴力をふるい続ける夫・服部達郎と、達郎にうり二つの中国人密航者・林竜輝の正反対の二役。佐藤は「内田有紀さんに役とはいえ、手を挙げるなどという、僕にとってこれ以上ない大罪が現場で待っていると思うと恐ろしくて足がすくみます」と語りつつ、「林を演じている時に温かく接することができればと。皆さんにも、“ナオミとカナコのその一歩先には一体何が待ち構えているのか!?”と、ドキドキしながら木曜日の22時を楽しみにしていただけると思います」とコメント。っており、日本人エリート銀行マンと中国人密航者、全く正反対のキャラクターを佐藤がどう演じ分けるのか注目だ。

そのほか、吉田羊と高畑淳子の出演も発表されている。