『新テラスハウス』一番人気・長谷川慎のメッキがはがれる

フジテレビで11月23日に放送した『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY』#7で、イケメン美容師・内原達也と明治学院大学野球部・長谷川慎による、男のバトルが勃発した。

現在、『新テラスハウス』では、上記の2人のほかタップダンサー・安達雄基、医大生・早田悠里子、モデル・中田みのり、会社員・信太美月の6人が共同生活を送っている。

#6では、達也が女子3人と順番にデートする“うっちーWEEK”の模様を放送。美月、悠里子と立て続けにデートへ出かけた達也が、「美月とは自然に話せて、悠里子には気を遣ってしまった……」と、男子メンバー2人にデートの感想を話した。しかし、男子メンバーだけに伝えたはずの内容が、悠里子の耳に入り彼女を傷つけてしまう。美月は悠里子から相談を受け、慎からその話を聞いたこと、慎から思わせぶりなLINEが送られてくることを打ち明けられる。慎に対して不信感を募らせた美月は、どうして不要な情報を悠里子に与えたのか? 達也に対する裏切り行為じゃないか? と男子部屋にいる慎に抗議したのだった。

そして、放送された#7では、これを発端に達也と慎の間に大きな軋轢が生まれる。ある日、達也がリビングにいると、そこへ慎が帰ってくる。達也が「座ろうか……」と話し合いを求め、「どういう気持ちで悠里子ちゃんに言ったの? 俺は男子同士だから腹割って話しているのに、それを漏らされちゃうのはないよ」と正直な思いを伝える。これに対して慎は「最初のデートで気を遣うなんて当たり前の話じゃん」と語り、怒りを押し殺しているかのような険しい表情を見せる。納得できない達也は「それでも軽率だね。俺が悠里子ちゃんでも、そんなこと言われたら嫌だもん」と食い下がり「次やったら本気で怒るよ」と言ってその場を収める。

この様子をスタジオで見ていた山里亮太は「あんなに憎かった美容師が可哀想になってきちゃった」とつぶやき、徳井義実も「ああやって言わなくちゃならないのも嫌なのに、さらにあの態度を取られたらツラいな」と同情。トリンドル玲奈からも「人の気持ちがわからないんでしょうね」と非難の声が上がる。しかし、達也と慎のバトルはこれだけでは終わらなかった。

後日、男子部屋に達也、慎、雄基の3人が揃うと、雄基が「うっちーWEEKはどうだったの? 皆からうっすらと聞くんだけど……」と興味を示す。すると達也が「まこっちゃんとも色々あった」と話しはじめ、「俺が(悠里子に)気を遣ったって言うネガティブな発言を本人に伝えるべきでは絶対にないと思うんだよね」と、改めて慎に釘を刺す。すると慎は、謝る素振りさえ見せずに「隠すことではないんだよね。それをうっちーは隠そうとしていたの?」と開き直り、それを聞いた達也は「相手に伝えるべき情報と伝えるべきでない情報とあるからさ。好きとか嫌いとか、あの子が良いとか悪いっていう情報をみんなで共有したいって最初は言っていたけど、その発言が漏れるんだったら俺は言わない」と言い返す。すると慎が「言わないなら言わないで良いんじゃない? 普通に……」と言ってしまい、達也はフッと笑い「そしたら俺は何も言わないわ」と会話を終わらせる。

このやりとりについては、慎のあまりにヒドい言動にスタジオキャストもげんなり。徳井が「“言わないで良いじゃん”っていうのはあかん。あれは“じゃあ、もう話すのやめよう”ってなるよね」と、達也の肩を持っていた。

そのほか、この日の放送では“うっちーWEEK”のラストを飾る、達也とみのりの伊豆大島デートや、雄基と悠里子の水族館デートの模様を紹介。慎に気があると思われていたみのりが「まこっちゃん、メッキがはがれてきたよね」と発言したかと思えば、雄基と高級店・ブルーノートへ行く約束をするなど関係が深まったかに思えた悠里子が「最初、(女子は)みんなまこっちゃんが良いみたいこと話したじゃない……」と話しはじめ「今でもまこっちゃん推しなの」と衝撃の告白をするなど、6人の関係が新たな局面を迎えたエピソードとなった。