「現代の魔術師」落合陽一が紹介する最新事例

11月21日(土)28時10分から放送の『SENSORS』(日本テレビ)は、“現代の魔術師”とも称される世界的メディアアーティスト・落合陽一のナビゲートのもと、CGとインタラクティブ技術の祭典「SIGGRAPH Asia 2015」を特集する。

「SIGGRAPH Asia 2015」は、11月2日から5日に神戸国際会議場・神戸国際展示場で開催された、アジアにおけるコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する展示会。番組では、筑波大学図書館情報メディア系助教でもある落合のナビゲートで、驚きのCG技術や最先端デバイスの数々を紹介していく。

また、現在世界中で流行しているドローン技術も取り上げる。愛好家が集結する日本最大級の大会「Drone Impact Challenge 2015」では、アマチュア無線免許が必要となるFPV(一人称視点)レースを開催。最高時速100kmのクアッドコプターやマルチコプターが登場するなど、ド迫力の映像に目が離せなくなりそうだ。

PICK UP