コロチキ・ナダル、安村、ゆりやんら『R-1ぐらんぷり2016』出場表明でアピール

ピン芸人日本一を決める大会『R-1ぐらんぷり2016』の開催発表記者会見が18日、東京・渋谷のヨシモト∞ホールで行われ、エハラマサヒロ、コロコロチキチキペッパーズのナダル、とにかく明るい安村、中山功太、バイク川崎バイク、マツモトクラブ、やまもとまさみ、ゆりやんレトリィバァ、横澤夏子が意気込みを語った。

この日の会見は一般客も招かれて開催。バイク川崎バイクは「爪痕、バイク後を残したい」と語り、優勝できなかったら「バイク川崎バイクをやめて“川崎史貴(本名)”に戻ります」と熱い思いを表明。エハラマサヒロは「決勝3回で準優勝2回しているので、3回目の準優勝を狙いたい」と謎の目標を掲げて場内を盛り上げた。

そして、横澤は「記者会見に出られるのが嬉しい」と語り、ライバルにゆりやんをあげ「同じ年齢だし、良い物を食べている」と肉感豊かなゆりあんにチクリ。一方のゆりやんはオスカーのトロフィーを片手に「Thank you very much…」と英語で喋りはじめ、英語の合間に日本語で「今年も普通に頑張りたい」「調子乗っちゃってます」と、前回大会でも披露したオスカー女優スピーチネタでアピール。横澤に対しても「女芸人枠はそんなにいらん」と語り、火花を散らせた。

前回大会で復活ステージからファイナリストへと登り詰めたマツモトクラブは「テレビでネタを披露するのは前回大会が初めてくらい。その後、20年やっていたアルバイトをしなくて良くなるくらい生活が変わった」とコメント。そして「キングオブコント2015」を制したコロコロチキチキペッパーズのナダルは「実はピンネタでもイベントをやっているので、本当に沸かします」と自信を見せ「新しいジャンルを切り開く」と意気込みを語った。

そして、「安心してください。履いてますよ」のフレーズで一躍脚光を浴びた安村は「新しい自分を見せようと思っています。服を着ます!」と新境地に挑むことを表明。中山は、「優勝できなかったら芸人をやめて実家の父がやってる韓国スナックを一緒にやります」と宣言すると、司会から「マジですか?」と問われ、「冗談です(笑)お笑いが大好きですから!!」と、熱い思いをほとばしらせた。

また、連覇を目指して前回大会に挑んだやまもとは「去年の決勝、すごく静かだった……」と、決勝でネタを披露している最中に思わぬ事態に遭っていたことを告白。「前列にいた女性が、ネタ中にハンドバッグの中を整理しはじめたんです。そりゃ1分半で萎縮しますよ」と語り「あのハンドバッグガールさえいなければ大丈夫」と今大会でのリベンジを誓った。

現在、『R-1ぐらんぷり2016』ではエントリーを受け付け中。予選は1月4日の東京を皮切りに、北海道、名古屋、大阪、福岡、沖縄の6都市で開催され、その後、東京と大阪で2回戦、3回戦、準決勝が行われ、決勝戦の模様は関西テレビ・フジテレビ系全国ネットで生放送される。

PICK UP