長瀬智也『フラジャイル』に武井咲、野村周平、小雪、北大路欣也が出演!5人がコメントを発表

TOKIOの長瀬智也主演で、来年1月13日よりスタートするフジテレビ系ドラマ『フラジャイル』(毎週水曜22:00)のメインキャストに、武井咲と野村周平、小雪、北大路欣也の出演が決定。5人がコメントを発表した。

『フラジャイル』は、現在「アフタヌーン」(講談社)で連載中の同名漫画が原作。病気の原因と発生の仕組みを研究・解明すると同時に、所見により、患者への診断を科学的に確定させる職責も担う“病理医”の闘いと活躍が描かれる。長瀬が演じる岸京一郎は、医者でありながら白衣はまとわず、常にスーツ姿、しかも毒舌で偏屈だが、患者の命、そして医療の正義のためなら、周囲とのあつれきなど一切いとわない天才病理医。そんな岸に負けず劣らず個性的で“取扱注意”の登場人物たちによってドラマは展開していく。

武井が演じるのは、患者の命を第一に考える岸の姿勢に、自らが追い求める理想の医師像を重ね合わせ、内科から無理やり病理診断科に転科してきた、元気だがおっちょこちょいな新米病理医・宮崎智尋。野村は、岸と宮崎が働く病理診断科の臨床検査技師・森井久志を演じる。一見、クールだが患者のため、徹夜をいとわず仕事に打ち込む熱い男。しかし、どこか医師に対して冷めた眼を向けることもあり、そこには胸に秘めた技師になった本当の理由と知られざる過去が影響している。また、偏屈な岸の扱い方を熟知している。

小雪は、岸と大学時代の同期で、頻繁に病理診断科の岸のもとを訪ねる美人医師・細木まどかを演じる。優秀な外科医で、岸に絶大な信頼を置き、彼の過去を知る数少ない人間の一人だ。そして、細木と同じように度々、岸のもとを訪れる岸の元指導医で、病理医界の重鎮・中熊薫を演じるのは北大路欣也。初めて出会った宮崎をデートに誘うなど茶目っ気も見せつつ、すごんだ際の口調や風貌はまるで筋者で、岸の勤める病院の人事権にも影響を与えるほどの大物だ。岸の前でも気兼ねなく傍若無人に振る舞うが、岸とは確固たる信頼で結ばれており、岸が相談をする唯一の人物となっている。