ドランクドラゴン塚地武雅、父が遺した言葉に涙

お笑いコンビ、ドランクドラゴンの塚地武雅が、11月13日放送の『ファミリーヒストリー』(NHK総合 毎週金曜22時~22時50分)に出演。顔も知らない二人祖父の謎を辿るとともに、今年2月に亡くなった父とのエピソードも紹介する。同番組は、著名人の家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめるというもの。

高知で左官をしていた父方の祖父は大酒飲みだが、腕は確かな職人。戦前、大阪に出た祖父の仕事の跡が70年ぶりに家族の目の前に。

一方、母方の祖父は、鹿児島甑(こしき)島出身。薩摩藩に仕えた旧士族の家柄で、農家の出だった祖母との身分の差を越えた結婚であった。そして、今年2月に亡くなった父が遺した言葉を聞いた塚地は思わず涙する……。