『俺物語!!』ヒロイン役で注目の永野芽郁、高校サッカー11代目応援マネージャーに決定

2015年12月30日(水)に開会し、翌年1月11日(月)に決勝戦が行われる『第94回全国高校サッカー選手権大会』。この度、女優・モデルの永野芽郁が、11代目応援マネージャーに決定。現在の心境や意気込みを語った。

これまで、堀北真希、新垣結衣、北乃きい、川島海荷、広瀬すずといった豪華な面々が応援マネージャーを務めてきた。今回のマネージャーに決定した永野は、「ニコ☆プチ」や「nicola」の専属モデルとして活躍する一方で、映画『俺物語!!』(10月31日公開)でヒロイン・大和凛子を演じるなど、活動の場を広げている注目の若手女優。

永野は「11代目の応援マネージャーをできると聞いた時は、すごく嬉しかったです。でも、歴代のマネージャーがすごい方たちなので、自分が11代目でいいのかなと、不安も感じました」と心境を明かし、「同世代の高校生の選手たちが頑張っている姿を、誰にも負けないように一生懸命応援したいです」と意気込んだ。また、「もしも実際のマネージャーだったら?」という質問に、永野は「毎日選手たちの姿を応援するのはもちろんですが、飲み物を用意したり、タオルを手渡してあげたりしたいです」と理想のマネージャー像を語った。

そして、「本番だと体が固まってしまったりとか、なかなか実力が出せなかったりすると思うんですけど、今まで練習してきてチームワークがいいと思います。なので、チームメイトを信じて、プレッシャーを感じること無く頑張って欲しいです」とコメントし、「今年のキャッチコピーが“FUTURE!! 日本の未来はここにある”ということで、5年後の東京オリンピックに出る選手がいるかもしれない、と思うとドキドキします。そういう選手たちのプレーを目の前で見れることを嬉しく思っています。私も全力で応援を頑張るので、選手のみなさんも頑張ってください。応援してます!」と、選手たちにエールを送っていた。

PICK UP