『新テラスハウス』早田悠里子のあまりの可愛さに「ズルい」と絶賛の声

フジテレビで11月2日に放送した『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY』#4で、帝京大学医学部4年生・早田悠里子の可愛いすぎる仕草に対して、YOUが「ズルい!」、徳井義実が「あれに男はやられる」と絶賛。山里亮太は「僕は、戦っていく」と危機感を露わにした。

新シリーズでは、早田のほか、明治学院大学4年生・長谷川慎、タップダンサー・安達雄基、美容師・内原達也、モデル・中田みのり、会社員・信太美月という、縁もゆかりもない6人の共同生活の模様を放送中。#4では、女子3人の人間関係の変化や、慎が抱える野球への悩み、そして、男子3人による恋愛観のぶつかり合いなどが描かれた。そんな中、悠里子と雄基が二人で食事に出かけた際に、悠里子がその“可愛さ”を見せつけた。

午後8時、雄基が待ち合わせ場所の恵比寿に先に着くと、悠里子はレースのパフスリーブの白いカーディガン姿で後から到着。すると突然、悠里子は「あのですねー」と言って鞄の中からへパリーゼを取り出し雄基にプレゼントする。思わぬアイテムの登場に嬉しそうな表情を見せる雄基は「かんぱーい!」と言って一気に飲みほし、「攻めた日本酒を飲める」と声を上げ、悠里子も「これで明日も大丈夫!」と笑顔を見せる。

店に着いた二人は、さっそくグラスに入った日本酒で乾杯。雄基が夢を語り、悠里子の突拍子もない言葉から次の水族館デートの約束が決まるなど、良い雰囲気が流れる中、雄基が核心に迫る質問を悠里子に問いかける。「最近、いつまで彼氏はいたの?」と……。すると悠里子は、少し悩んだ表情をした後に、『TERRACE HOUSE』が始まる少し前まで研修医一年目の男性と付き合っていたこと、忙しい彼となかなか会うことが出来ず辛かったこと。そして、番組への出演が決まり、話し合った末に別れたことを明かし、涙をこぼす。それを聞いた雄基は「間違ってないと思う。決めたってことが一番良いと思うから」と声をかけ、悠里子は「なんだか雄基には話せちゃうんだよね。話せて良かったな。ほんとうに」と落ち着きを取り戻し、笑顔を見せる。

この様子を見ていたYOUと徳井、山里らスタジオメンバーたち。悠里子がヘパリーゼを取り出した際のことを振り返り、徳井が「あれに男はやられる。悠里子ちゃんだからなせるワザ。すごい背が低いやん。“はい”って男に対して(上目づかい)でいける」と分析すると、YOUも「ちっちゃい子ってズルいと思うんですよ。上目づかいが一番可愛いに決まっているじゃないですか」と同意。さらに、徳井は「あの子は、ヘパリーゼのポテンシャルを最大限に引き出している(笑)」と絶賛した。

そんな中、ひとり警笛を鳴らすのが山里。「最後の一言がひっかかる」と語りはじめ、「“雄基だったら何でもしゃべれちゃうんだよね”って、ディフェンス引く感じ?“別に付き合うとかじゃないぞ、友達ゾーンに入りましたよ”と言っているような気がするんですよ」と、悠里子への賛辞の声に待ったをかける。すると、トリンドル玲奈は「そういう風に考えちゃうからダメなのに」とバッサリ。さらに15歳の望月歩にも「今のはわかりやすいヤツだったと思います」と言われ、スタジオに大爆笑が起こる。

その後も、「レースのパフスリーブからの、ヘパリーゼからの、涙からの、あの告白ですよ。とても可愛らしかった」(YOU)、「何コンボやねん(笑)ジャブいってストレート、膝も入れた。最後はハイキックでダウンですよ」(徳井)と、悠里子が見せる可愛い仕草の連続を大絶賛。一方、山里は「何かわかりませんが、僕はこの先、ここと戦っていく気がしました」と悠里子のただならぬ存在感に対して、最後まで危険信号を送っていた。