遠藤憲一が出産!? 綾瀬はるかは「ウエッティでした」と振り返る『ギャラクシー街道』

香取慎吾と綾瀬はるか、遠藤憲一らが24日、映画『ギャラクシー街道』の初日舞台あいさつをおこなった。

本作は、ノア(香取慎吾)とノエ(綾瀬はるか)が営む、宇宙に佇む小さなハンバーガーショップ“サンドサンドバーガー・コスモ店”を舞台に、そこに集まった人々(全員宇宙人)が繰り広げるSFコメディ。

香取は「地球人のみなさんこんにちは!」とあいさつ。映画を観たばかりの観客に「みなさんも指を出してください!」と呼びかけ人差し指を掲げると、会場は大爆笑。本編中の“ある重要なシーン”をモチーフにした行動で、人差し指を掲げた観客を見渡し「皆さんと一緒に『ギャラクシー街道』を感じることが出来ました(笑)」と満足げな表情を浮かべた。

そんな中、遠藤憲一が演じ、まさかの“出産”シーンで強烈な印象を与えるスペースリフォーム業者・メンデスの話題になると、遠藤は「出産できると聞いて即飛び込みました」と出演の経緯を語り「綾瀬はるかちゃんの子どもを出産できて幸せでした」とコメント。

一方の綾瀬は「台本の台詞にプラスして『大丈夫、大丈夫』と言ってくるんですが、それがすごくウエッティで、変な気持ちになりました」と苦笑い。香取は「出産する役なんて一生に一度あるかないか。いやないでしょう(笑)うらやましいです」と語り「現場で吹いちゃいそうになることは滅多にないのですが、つらかったです(笑)」と、笑いに満ちあふれた撮影現場だったことを明かした。