平山浩行、偶然の出会いは運命の出会い!?『オトナ女子』第2話で篠原涼子に一目惚れ

俳優の平山浩行が、フジテレビ系で放送中のドラマ『オトナ女子』(毎週木曜22:00)の第2話(10月22日)から登場。主演の篠原涼子演じる亜紀に一目惚れする、出版社の編集者・池田優を演じる。

本作は、いくつになっても“女子”でありたい、“オトナ”になっても“女子”であることを諦めない40歳の独身女性・中原亜紀(篠原涼子)と友人の大崎萠子(吉瀬美智子)、坂田みどり(鈴木砂羽)の3人が、小説家の高山文夫(江口洋介)や、亜紀の会社社長・栗田純一(谷原章介)ほか、ダメなオトコに振り回されながら、幸せをつかむために奮闘していく姿を描いたオトナのラブストーリー。

平山が演じる池田は、高山が小説を書いていることを知り、高山が恋愛ドラマの脚本を書いていたころからファンだったこともあり、自分の手でその作品を出版しようと、彼のもとに通う編集者、という役どころ。

亜紀が、社内プレゼン用に高山のコメントをもらいに行くと、高山に「注文しておいた品物を受け取ってきてほしい」頼まれ、仕方なく受け取りに行った帰り道、池田と偶然出会うことに。亜紀に一目ぼれした池田が、どのような表情を見せるのか。そして、亜紀はどのような反応を示すのか? オトナの恋愛の行方に注目だ。

PICK UP