菜々緖、悪女というより悪魔!イベントで「カップルをぶち壊す」

10月20日(火)よりスタートする関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』の放送を前に、ドラマに出演する菜々緒が、大阪・関西テレビ本社で行われたスペシャルイベントに出席した。

『サイレーン』は、相棒であり恋人同士でもある警視庁機動捜査隊(通称:キソウ)の里見偲(松坂桃李)と猪熊夕貴(木村文乃)が、変死体発見現場で謎の美女・橘カラ(菜々緒)と出会い、彼女に運命を狂わされていく姿を描いたラブサスペンス。

菜々緒は、自身が演じる橘カラが1話で登場する際に着ているワンピース姿で登場。自身が演じるキャラクター史上“最強の悪女”として存在感を放つカラを演じることについて「最近、プロの悪女みたいになっている」と笑顔を見せ、「今回は役作りをがんばるというよりは女性らしさを出したい」と意気込みを語った。同席した河西プロデューサーも「現場でも、やりすぎじゃないか、放送して大丈夫かな? というぐらい」とカラの悪女ぶりを絶賛した。

劇中では里見が、それぞれの事件現場で“いい香り”がすることに気づき、カラを疑い始める。今回、関西テレビでは、その“香り”を制作。「爽やかな感じというよりは、甘ったるくて鼻に残る、記憶にこびりつくような印象を与えられる香り」という菜々緖のイメージを具現化し、来場した観客の中から抽選で3人にプレゼントされた。

また、菜々緖は「予告で里見と猪熊のキスシーンがありましたが、私はあのシーンが大好き。でも、そんなホンワカしているカップルを私がぶち壊しに行きます(笑)」と初回の見どころを語り、「悪女の中でも、世間一般でいう男性を翻弄する、嫌味な感じの女性ではなくまったく別物の悪女です。シリアルキラーという、信頼を得た獲物しか狙わない……。悪女というより悪魔です」と、改めてのカラの悪女ぶりをアピールした。

PICK UP