神田愛花、炎上発言の仕掛け人は恋人のバナナマン日村だった!?

元NHKアナウンサーで現在はフリーアナウンサーとして活躍している神田愛花が、大久保佳代子がMCを務めるトークバラエティ「映画マジック・マイクXXL公開記念『~極上美女対談~イイ女の条件』」にゲスト出演。赤裸々トークによって起きた数々の炎上の裏側にある、恋人のバナナマン日村勇紀の存在を明らかにした。

この番組は、芸能界で一番の“イイ女”大久保がMCを務め、アイアム野田(鬼ヶ島)がその執事として出演。毎回、「イイ女の○○」をテーマにトークを展開するFOD(フジテレビオンデマンド)で配信中のトークバラエティ。

#4は「イイ女の炎上」がテーマ。さっそく大久保は「ザワつかせてる意識はある?」と切り込みを入れる。それを受けて神田は「その辺の線引きがわからない」と困り顔を見せ、「ひとつだけ決めているのは、噓だけは言わないこと」とコメント。すると大久保は「バカ正直な結果なのかな……?」と疑心暗鬼な表情を浮かべながら「私も27時間テレビで88kmマラソンしたけど、車に乗ったと言われた」とカマをかけると、神田は「え? 乗ってないんですか?」と驚きの表情を見せ、大久保がさらに上をいく驚きで「(信じている人が)まだいた!」と叫ぶ一幕も。神田ワールドが炸裂する“やらせの噂を信じた理由”にも注目だ。

さらに大久保が「炎上したら気にする?」と聞くと、神田は「気にするようになりました。自分の意図とこんなに違うように受け止める人がいるんだって」と素直な思いを述べた。そんな中、大久保はイベント取材などで神田が恋愛事情などについても気ままに喋る姿が腑に落ちなかったようで「ガンガン喋って大丈夫?」と問いかけると、神田は「みなさんが満足いくネタを発する方が良いよとアドバイスをもらいました」と語り、さらに恋愛ネタで喋る内容に関するバナナマン日村との思いも寄らない決まり事を明らかにする。

そのほか、番組では「彼氏の慰め方」「プロポーズ待ち」「下ネタ返し」「男を落とす手料理」「癒やし」のテーマが用意され、大久保が神田のプライベートに鋭く迫り、“イイ女”になるための金言を与えていく。この模様は、フジテレビのエンターテインメントサービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」で無料配信中。

PICK UP