大久保佳代子も大興奮、マッチョに囲まれ「ストレス解消」

タレントの大久保佳代子とアイアム野田(鬼ヶ島)が8日、映画『マジック・マイクXXL』(10月17日公開)のプレミア試写イベントに登場した。

この日のイベントは、芸能界で一番の“イイ女”大久保がMCを務め、野田がその執事として出演するFOD(フジテレビオンデマンド)で配信中のトークバラエティ『イイ女の条件』とのコラボレーション企画として実現。イベントでは、映画が、地上最高の男たちの鍛えられた肉体美と情熱的なダンスパフォーマンス、そして女性の心を知り尽くしたテクニックによって、女性たちを虜にしていくパーティムービーということで、大久保と野田と一緒に、鍛え抜かれた肉体を持つ二人の白人男性も登場。

大久保は、鍛え抜かれた肉体を目の前に「疲れて帰ると、裸にベストを着てパフォーマンスを見せるEXILEのライブDVDをいやらしい目で見るのがストレス解消なのですが、それを上回るマッチョな肉体」と大興奮。映画についても「腰を中心に動き回って本当にすごいので、女子会ムービーにぴったり」と過激でセクシーな映画の魅力をアピールした。

さらに、現在配信中の『イイ女の条件』(ゲスト・神田愛花)のダイジェスト映像を上映。番組中の大久保が神田に投げかける「あの人の子どもが欲しいの?」「いつ結婚するの?」という直球の質問内容や、「イイ女の勝負下着はね……」と番組でおなじみの金言を神田に授ける様子、さらにはマッチョな二人と踊り狂う姿などが披露されると、テレビのバラエティとはかけ離れた突き抜けた内容に、集まった観客はざわめきだち、大久保も「なんて下品な番組なんでしょう。我ながら引きます」と爆笑。注目ポイントを聞かれると「日村さんの彼女がなんでも喋ってくれちゃう」と思いっきり名前を出し、野田に「そんなあからさまに名前を出しちゃうんですか?」と窘められるなどして、大きな盛り上がりを見せた。

また、大久保がマッチョな二人と踊り始め大興奮したかと思えば、その二人が踊りながら観客席を練り歩き、観客は事前に配られていたお金(偽物)をまき散らしたり、二人の下着に挟んだりして、映画さながらの肉体ショーを満喫。そこに野田も上半身裸で乱入し、だらしのない身体でマッチョと並んで腰をうねらせるなどして笑いをとった。

イベント終了後には囲み取材も行われ、大久保に映画を観る男女に金言を求めると、男性に対しては「自分の身体に危機感を覚える」と言い、「前もって鍛えておいた方が良いですよ。女性とデートで行ったら“ショボッ!”って思われちゃいます(笑)」と語り、女性に対しては「女性ホルモンでシートがぬれるので、ハンカチ持参」と金言を述べ、ラストシーンで男女が見せるステージ上の絡みがあまりにエロティックだったと映画の見どころを紹介。

さらに、芸能界で結婚報告が相次ぎ、100kmマラソンを走ったDAIGOが結婚したことについて聞かれると、自身も88kmマラソンを完走した大久保は「マラソンを走る前にプロポーズしたということで、相手の人も断りづらいですよね(笑)。私もそういう相手がいたら、そのタイミングでプロポーズするのはとてもドラマチックだと思います」とコメント。しかし、現実では自身のビッグサプライズの予定はないと言い、「森三中の黒沢とか島崎和歌子ちゃんに、韓国で韓流の男の子との出会いに行くというプランに誘われているので、そこに乗っかってみようかな」と話し、「サプライズがあるならウェルカムですよ」と世の男性たちに呼びかけていた。

PICK UP