つんく♂、ドラマとコラボで新アイドル“NEXT YOU”をプロデュース

喉頭がんとの闘病生活を乗り越え、音楽家として復帰を果たしたつんく♂が、フジテレビとタッグを組み、2016年放送の土ドラ『武道館』の主人公アイドルユニット“NEXT YOU”をプロデュースすることが決定。架空アイドルユニット“NEXT YOU”を、つんく♂がリアル稼働させる夢のコラボレーションが実現する。

本作は、帯コメントをつんく♂が担った朝井リョウの小説「武道館」が原作。フジテレビとスカパー!が初めて本格的にタッグを組み、フジテレビ系土ドラ枠と数日後のBSスカパー!(スカパー!バージョン)で放送される。

この企画が持ち上がってすぐプロデューサーと打ち合わせをしたというつんく♂は「武道館公演を目指して頑張るアイドルの話というのは、立場は違えど僕も大阪のアマチュアバンド時代に同じ様な思いで頑張ってきたので、とてもワクワクしました」と語り、「僕が今回プロデュースするグループはドラマの中の世界に存在するグループなんですが、音楽自体は実際にお茶の間で誰もが聞くことができるわけです。何やら不思議な感覚かもしれませんが、それを実在するJuice=Juiceが歌います」とコラボ内容を紹介。「NEXT YOUのサウンドが大好きになるよう、おもいっきり気合い入れて仕上げます! 特にライブでおもいっきりノリノリになるようなそんなサウンドです。かなり期待していてください!」と意気込みを語っている。

そんな、アイドルユニット“NEXT YOU”を演じるのは、連続ドラマ初主演となる実在アイドルの“Juice=Juice”。彼女たちは実際につんく♂が立ち上げたユニットで、ドラマ撮影期間中及び放送期間中は“Juice=Juice”として稼働しつつ、“NEXT YOU”としても実際に稼働する。ライブ・握手会・テレビ出演・動画配信、さらには関連オリジナル番組の制作や、リアル歌番組への出演も予定し、あらゆる面で虚実ないまぜのアイドルとして存在していく。

Juice=Juiceの宮崎由加は「連続ドラマの主演に初挑戦させていただきます。いつも応援してくださる皆さんのおかげで、こんなにもすてきなチャンスをいただくことができました。本当にありがとうございます」と喜びを語り、「まだまだ未熟な私たちですが5人で助け合い、刺激し合いながら、このドラマで多くのことを吸収して自分たちの力を精一杯発揮できるよう努力していきたいと思います」と意気込みを語っている。

PICK UP