『サザエさん』磯野フネ、麻生美代子から寺内よりえにバトンタッチ

フジテレビの国民的アニメ『サザエさん』(毎週日曜18:30)の磯野フネ役の声を、放送がスタートした1969年から46年間にわたり務めてきた麻生美代子から、寺内よりえにバトンタッチすることがわかった。

今回の交代は、本人の年齢を鑑み『サザエさん』制作スタッフで相談の上、放送開始から丸46年というこのタイミングでバトンタッチすることになった。10月4日放送分のアフレコ収録は既に行われており、新たに磯野フネ役を務める寺内よりえは、麻生の後任ということで緊張した様子を見せたが、収録は終始明るい雰囲気の中で行われた。

寺内は、2代目・磯野フネ役を務めることについて「真摯な気持ちで受けとめております」と心境を語り、「国民の皆さまに愛され、46年の歴史あるこの番組の2代目フネとして、麻生美代子さんの築かれた日本の母の姿を大切に受け継いでいけたら! と身のひきしまる思いでいっぱいです」と意気込み。「新米フネが、しっかりと出帆していけます様に、どうかあたたかく見守って下さい。よろしくお願い致します」とメッセージをおくっている。

また、本日、9月18日(金)からは「ありがとう45周年!みんなのサザエさん展」 が松坂屋上野店にて開催。2年間にわたり45周年イベントとして全国34都市、35会場にて行われてきた同イベントも、この開催が最後となる。会場内の「磯野家へようこそ!」コーナーでは、磯野家のお茶の間が再現されており、麻生演じるフネと波平、マスオのかけあい芝居があるほか、46年前に放送された記念すべきアニメ『サザエさん』第1回目の映像が上映されている。

麻生がフネの声を担当するのは9月27日の放送までで、47年目のスタートとなる10月4日の放送から寺内が担当する。