篠原涼子“すっぴん!?&フルメーク”『オトナ女子』ビジュアルを披露

女優の篠原涼子が、2年半ぶりに出演する10月スタートの連続ドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系、毎週木曜22:00)のポスター用ビジュアルを公開。篠原の素顔とフルメークを撮影した今回のビジュアルについてフジテレビの中野利幸プロデューサーが狙いを語った。

このドラマは、いくつになっても“女子”でありたい、“オトナ”になっても“女子”であることを諦めない40歳の独身女性・中原亜紀(篠原涼子)、大崎萠子(吉瀬美智子)、坂田みどり(鈴木砂羽)の3人が、高山文夫(江口洋介)や栗田純一(谷原章介)ほか、ダメなオトコに振り回されながら、幸せをつかむために奮闘していく姿が描かれる。

今回のビジュアルについて中野プロデューサーは、「このドラマのテーマである“女子はいくつになっても女子”という部分を表現したくて、2種類のビジュアルにこだわりました」と語り、“フルメークバージョン”について「良い意味で周りの目を意識し、メークや服装に気を配り、いつまでも美しくありたいと努力し続けて、年齢に関係なく、生き生きと輝き続ける女性を意識した」、“メークをしない素顔のビジュアル”について「いくつになっても、内面も外面も“諦めてない”雰囲気を表現しました。同時に現代女性のリアルな姿を等身大で描いていきたいと“女子のリアルをすっぴんにする”というコンセプトも、この“素顔のビジュアル”で表せたら」と、それぞれの狙いを話した。

さらに、撮影時の様子について「顔の表情やポーズ、髪のなびき方など、篠原さん自身の意見もいただき、スタッフみんなで話し合いながら撮影しました。“メ-クをしないバージョン”の時、篠原さんは“フルメークの方がやっぱり安心する”と少し恥ずかしそうにされていました」と明かし、「どちらも“女子をあきらめないオトナの物語”の世界観にぴったりくる凛とした表情をしていただき、すばらしい仕上がりになっていると思います」と手応えを語っている。

実際のポスターには、篠原だけでなく、共演の吉瀬と鈴木も素顔とフルメークで登場。そして男性陣の江口、谷原は、“オトナの男”の魅力をいかんなく発揮するという。どのようなポスターになるのか、完成が楽しみだ。